suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

寒い日はおでんですよねぇー!

昨日は各地で雪だったようですね。
私は起きるのが遅かったので、雪を見なかったのですが、昨日は超寒かったですよね。


こんな日は「おでん」ですよね。
…と昨日はおでんを作りました。で、今日も2日目のおでんをいただきました。
暖まるよね。
関西でいう「関東煮(かんとうだき)」ですよね。その昔、関西で「おでん」とは「田楽」のことだったようですが、今では「おでん」で大丈夫なんですよ。

でも、その具については家庭によって違うのではないでしょうか。
好き嫌いがありますよね。

最初に東京に来て、残念だったのが「スジ」がなかったこと。
また、「ちくわぶ」は知らなかったのですが、実は大好き!

今のわが家で欠かせないのは、大根、こんにゃく、平天、ごぼ天、玉子、ちくわぶ、厚揚げ、はんぺんですね。

私の実家では…確か。
餅巾着、牛スジ、じゃがいも、ちくわ、それと「コロ」ですね。

東京では黒おでんなんていうのがあるのですが、あれはあんまり好きでないですね。
名古屋の味噌おでんもちょっと苦手かな。

出汁は凝る方も多いようですが(特に関西はじぶんところの出汁にこだわる人が多いですね)、うちはすごくシンプル。
昆布とかつを(ますたーさんからの頂き物はサイコーです)をベースに薄口しょうゆとみりんのみ。

あったかいというだけで幸せです。
Commented by さいのめ at 2011-01-17 22:59 x
もういまはないのだけど、渋谷にビルの谷間に小さなおでん屋があった。とってもじいさん、とその息子のおじいさんと、三匹ぐらいの猫で切り盛りしていた。

刺身の盛り合わせとおでんをつまみにたくさん食べて飲んで、なぜか会計はいつもひとり2000円だった。じいさんはときどき魚を切りながらうとうと、よだれを垂らして寝ていた。よだれが刺身にかからないようにハラハラしていた。

もうそんな店、東京にはないだろうなあ。よく一緒に行った名編集者も背中が曲がったおじいさんになっちゃった。おでんというと、いつもあの店を思い出すんですよ。
Commented by suzu-perry at 2011-01-18 00:50
★さいのめさん
それは魅力的なお店ですね~!

猫の役割も気になるところです。
そういうお店少なくなりましたよね( ̄∀ ̄)

私がばあちゃんになったら、やりたいですね。

その時は来てくださいね(笑)
Commented by さいのめ at 2011-01-18 01:10 x
猫はなんにもしません。夏の暑い盛りなんかは、ドアも窓も開けっ放しにしていたから、うろうろ。冬は勝手にごろごろ。ぜひ、そんな店をやって欲しいけど、ビール5本飲んでるから、どうみても赤字だよねえ。もしかしたらビールだと思っていたのは猫の・・・・。
Commented by suzu-perry at 2011-01-18 08:13
★さいのめさん
そんなことをしていたら、捕まってますよ!
それは営業すればするほど、赤だったんでしょう(笑)

でも、ネコカフェならぬ、ネコおでん!最先端だったんですね~(≧∇≦)
Commented by tuna at 2011-01-18 12:07 x
我が家も昨晩はおでんでした。

ナッツがおでん狙ってました(笑)。
猫おでん、地でいってます。



ところで、「コロ」ってなんですか?
食べたことないかも・・・
Commented by suzu-perry at 2011-01-18 13:23
★tunaちゃん
うちもリアルネコおでんですね(笑)
奴らはそんなに欲しいわけでもないのにそばにべったりくっついて欲しがりますよね~!

コロってクジラを乾燥させたようなものだったと思います。
関東には売ってないですよね~。
食べ慣れないと美味しいと思うかもしれませんね( ̄∀ ̄)
by suzu-perry | 2011-01-17 22:46 | Comments(6)