suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ホリベッティから11月10日に「松じゅんがいけなくなったから」と誘われた「CLASSIC ROCK AWARDS 2016」。
前からCheap Trickが出るから気にはしてたけど、チケットが高いのとコンセプトがよくわからなかったので、チケットは取ってなかったのよね。
イギリスのクラシック・ロック誌が主催するクラシック・ロック・ロール・オブ・オナーズ賞、いわゆるクラシック・ロック・アウォーズ授賞式。2005年に開始して以来、初のアジアの開催、しかも日本でということ国技館で開かれたようです。しかも、来年も日本なんですって。
私は当日、Joe Perryが参加することを聞いて、興奮でした。
d0066024_02034515.jpg
席はアリーナのA席、通路のところだったのでとても近くで観ました!

司会は歌舞伎役者・尾上松也とメガデスのデイヴ・ムステイン。
「ザ・ショーメン賞」にはチープ・トリック、「クラシック・ソングライター賞」にはリッチー・サンボラ、「アジア・アイコン賞」にはYOSHIKI。
チープトリックは4曲披露。"I want you to want me"、新曲の"When I Wake Up Tomorrow"、"Surrender"、"Dream Police"。
なんとSurrenderではRickがなげるジャケットをゲット。家宝にします。
d0066024_02040873.jpg
リッチー・サンボラは、オリアンティとブルース・ハーピストを従えたアコースティック・セットで、"Living on a Prayer"," Dead or Alive"、とオリジナル曲。

YOSHIKIはピアノで"Space Oddity"、とX JAPANの“ART OF LIFE”

そのあとタイのハイトーンヴォーカルのバンドと日本のバンドメイドが1曲ずつ演奏。

「アルバム・オブ・ザ・イヤー賞」はDef Leppardで、Joe Elliottは受賞のコメントのみで出て来ず、Phil Collinがホストバンドのザ・ストーン・テンプル・パイロッツのロブ(ロバート、B)&ディーン(G)のディレオ兄弟、ハリウッド・ヴァンパイアーズのトミー・ヘンリクセン(G)、コーンのレイ・ルジアー(Dr)とセッションがはじまる。
スコーピオンズのルドルフ・シェンカー(G)とも共演で、Rock Like a Hurricanen、Phil のヴォーカルでディープ・パープル"Mistreated"、デフ・レパード"Hysteria"、そしてジミー・ペイジへのトリビュートとしてレッド・ツェッペリンの"Dancing Days"を披露、司会のデイヴ・ムステイン(G)もスーツのまま参加したりしてました。
Led Zeppelinやるんやったら、Jimmy Pageも来てるんやからギター弾いてくれたらいいのに。開場の雰囲気はPhil Collin劇場みたいになっていた。

それから、ジョニー・デップ(G)が登場。
ザ・ストーン・テンプル・パイロッツの"Sex Type Thing"、ハリウッド・ヴァンパイアーズ“School's Out/Another Brick In The Wall Part 2”なんでJoeは??と思っていたら、ようやくジョニーの紹介でジョー・ペリー(G)が登場。Sweet Emotionを演奏。ヴォーカルはホストバンドのJeff Keith。リック・ニールセンとロビン・ザンダー(Vo)が加わっての"Come Together"この時点ですでに午後10時前。
d0066024_01345971.png
最後に「ジ・アイコン賞」でJeff Beck。プレゼンターはJimmy Page。
ホストバンドと"Beck’s Bolero"を演奏、さらにPhilが歌う"Superstition"、Jeff Keithが歌う"Going Down"でパフォーマンス終了。

え?Jimmy Pageは?って感じのムードでなんとなく観客は「アンコール」。しかし、客電がついて終了でした。

おまけの出演者のサインが入ったレスポールも展示されてました。
d0066024_02035386.jpg

# by suzu-perry | 2016-11-12 01:33 | ライブ参戦 | Comments(0)

映画「幸せをつかむ歌」

2015年の映画。上映中は知らなかったのですが、メリル・ストリープが主演でリック・スプリングフィールドも出ている。
d0066024_19390472.jpg
家族を捨てて、自分の夢のために音楽の道を目指すが、小さなライブハウスでのハウスバンドで演奏するが、バイトでもお金がまわらず破産寸前の状態。

一般的にはひどい母親像だけど、子どものために自分の夢をあきらめるというのもどうかと思うよね。ストーリー自体にはそんなに感動もないけど、何と言ってもメリルがカッコいい!実の娘のメイミー・ガマーとの親娘役というのも話題になっていたみたいだけど、実のところ「え?あんまり似てない!」と思った。

メリルはテレキャスを弾いて歌うんだけど、上手いとは言えないけど、実にカッコいい。さすが名優です。

この中で私が引っかかった曲は「Drift away」
これはDobie Grayの1973年のヒット曲でいろんなバンドがカバーしているようです。
でもオリジナルは1972年でJohn Henry Kurtzという人らしい。

音楽やっていると、こういう言葉に弱いよね。

Drift Away

Day after day I'm more confused
So I look for the light in the pouring rain
You know that's a game that I hate to lose
I'm feelin' the strain, ain't it a shame

Oh, give me the beat boys, and free my soul
I want to get lost in your rock and roll and drift away

Beginning to think that I'm wastin' time
I don't understand the things I do
The world outside looks so unkind
I'm countin' on you to carry me through

And when my mind is free
You know a melody can move me
And when I'm feelin' blue
The guitar's comin' through to soothe me
Thanks for the joy that you've given me
I want you to know I believe in your song
Rhythm and rhyme and harmony
You help me along makin' me strong

日ごとに戸惑いが深くなる
僕は雨の中に光を探す
人生は負けられないゲーム
だけど、張りつめた心を持て余す

君のビートに心をほどく
ロックンロールの海を漂っていく
君のビートに心をほどく
ロックンロールの海を漂っていく

何もかもが無駄なのか
もう自分自身がつかめない
この世界はあまりに冷たい
君が頼りだ 君さえいれば乗り切れる

開放された心に
君にメロディがしみ込んでいく
ブルーな時は
ギターの音色が慰めてくれる

喜びを与えてもらった僕は君の歌を信じている
リズムと響きとハーモニー
君が支えてくれるから強くなれる

# by suzu-perry | 2016-09-15 19:34 | テレビと映画とアート | Comments(2)

マルカンブギ @NINE LIVES

今日はあの有名なカツさんこと、宮澤勝彦氏が向島NINE LIVESにやって来ましたよ。

マルカン・ブギの生演奏もありました。しかも、こうちゃんとの共演!!
d0066024_04320961.jpg
もちろん、マルカン星人Tシャツとマルカン・ブギ、マルカンメモリーズCD、そして写真集の即売会もしました。


d0066024_05371176.jpg

サインしてもらいました(笑)
d0066024_05371150.jpg


そして、NL風ナボリカツもこの日限定で登場しました。
d0066024_05371202.jpg

風屋さん、こばさん完食ありがとうございます
d0066024_05371310.jpg


おかげさまで完売(⌒▽⌒)

# by suzu-perry | 2016-09-14 04:50 | NINE LIVES | Comments(0)
9月のたいぞう&タイラーも楽しかったね。
d0066024_03055058.jpg
タイラーさんのギターもエロいし、歌もいいですよね。
d0066024_03305577.jpg
たいぞうさんも喉の調子がいい感じです。
写真はどてちん。ありがとう。

1st stage
1. 春夏秋冬
2. サクセス
3. ひきがね
4. 時の過ぎ行くままに
5. お前がパラダイス
6. 2人だけ
7. あんたのバラード
8. その気×××

2nd stage
1. そして僕は途方にくれる
2. カサブランカダンディ
3. 人間の証明のテーマ
4. 愚か者
5. 横浜ホンキートンクブルース
6. ファンキーモンキーベイビー
7. 知らず知らずのうちに
8. 酒と泪と男と女

enc
燃えろいい女

10月は15日(土曜日)です。

# by suzu-perry | 2016-09-10 23:30 | NINE LIVES | Comments(0)
優子さんと何度か行こうと思って、2回もふられちゃったタイ料理の「モンティ」。
ようやくランチに行けました!

d0066024_02132279.jpg
ここはとっても辛いのよぉ。
久しぶりです。

今日は「パネーン ムー(豚肉のレッドカレー炒め)」780円をチョイス。
d0066024_02132887.jpg
これは辛さは唐辛子は1個レベルでした。口当たりは甘いのですが、後から辛さがくるのよね。

優子さんは「ガイ パッ ガパォ カイダォ(鶏ひき肉とバジル目玉焼きのせ)」780円。
d0066024_02173779.jpg
これは唐辛子3個でとっても辛かった。一口でも辛かったから、完食した優子さんはすごい!私はまだまだだなぁ。

でも辛いけど、また食べたくなるから不思議ですよね。

shop data
モンティー (MONTEE)
TEL:03-3841-8668
住所:東京都台東区浅草1-1-12
営業時間:12:00〜15:00(14:00L.O) 18:00〜23:00(22:00L.O)
定休日:火曜日

# by suzu-perry | 2016-09-08 17:17 | 散策シリーズ | Comments(0)