suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

Player:Baby Come Back(1977)

今日はハロウィーンです!!
d0066024_23432546.jpg

日本でもだいぶ定着してきましたよね。
でも、Trick or Treat よりは大人が仮装する日になっちゃってますよね。
イベント好きな日本人らしい展開だと思います。

今日たまたまiPodをシャッフルで聴いていると、この曲が流れて来て…。
なんか懐かしいなあ…。

でもPlayerって私もこの曲しか知らないのですが、一発屋なんでしょうか。



歌詞はI'm not in LoveとかShe's Goneとかと似てる。
男の情けないところが表現されている曲ですね。
そんなに後悔するなら、どうして彼女が出て行く前に気づかないのでしょうね(笑)

なんでもこの曲を作るときにメンバーのうち二人が本当に失恋していたみたい。
気持ちの入った演奏というわけですね!

Baby Come Back ......Player

Spending all my nights, All my money going out on the town
夜通し街に繰り出し、持ってる全部のお金を使う
Doing anything just to get you off of my mind
ただ僕の心から君を消すためにしているんだ
But when the morning comes . I'm right back where I started again
でも朝が来ると、振り出しに戻ってしまう。
Trying to forget you is just a waste of time
君を忘れようとすることはだだの時間の無駄ということなのさ

Baby come back, any kind of fool could see
ベイビー、戻って来てよ。バカだと思うだろ
There was something in everything about you
何をしても君の影がつきまとってばかり
Baby come back, you can blame it all on me
ベイビー、戻って来てよ。全部僕にせめていいから
I was wrong, and I just can't live without you
僕が悪かったよ。ただ君なしでは生きていけない

All day long, wearing a mask of false bravado, Trying to keep up the smile that hides a tear
一日中、虚勢を張っているのは、笑顔で涙を隠し続けるため。
But as the sun goes down, I get that empty feeling again
でも日が落ちると、またむなしくなる
How I wish to God that you were here
どんなに神様に君にここにいてほしいとお願いしたか

Now that I put it all together, Give me the chance to make you see
最後に(もう一度)、君にわかってもらうチャンスをおくれ
Have you used up all the love in your heart
もう、君の心に愛は使い果たしたのかい?
Nothing left for me, Ain't there nothing left for me
君の心には僕に向ける愛情がまったく残ってないのかい?
by suzu-perry | 2011-10-31 23:05 | 今日の一曲 | Comments(7)

飲酒について思う…

私の家系的に言うと、アルコールはあんまり飲まない家系なのです。

社会人になったとき、後輩の一人から「飲めないなんて人生の半分損してます」って言わて悔しくて、飲む練習をして飲めるようになった。
元々陽気な性格がアルコールが入るとさらに陽気になっちゃって、今やオヤジ化することもたびたび(笑)

「お、suzuちゃんからちっちゃいオヤジが出てきたよぉ」なんて言われたりして…。

B'zの稲葉さんは歌のために飲酒も控えて喉のケアを怠らないと聞きますが、私は基本ロックはタバコも飲酒もOKなんじゃないかと思う。
ハスキーな声とか好きだし…。

私の場合、喫煙は体に合わないから吸っていないのですが、喫煙が喉に悪いと全ての人には当てはまらないと思うのですね。
飲酒もそうで、アルコールが入って絶好調になるなら、飲むべきなんです。
ちょっと気が大きくなった方が面白かったりするしね。

でもここのところ、特に金曜日の夜は嬉しくってついつい飲んじゃうのですよねーー。
で、土曜日ライブの場合はさすがにちょっと控えた方がいいなあ…と思った。

もちろん当日はライブが終わるまでは飲まないのですけど。
ただでさえ怪しいピッチがさらに怪しくなりますからね!
(これは喉のケアとは別問題かな?)

でも、ライブ後に耳鼻咽喉科の世話になることも少なくなったなあ…。
ちょっと喉も強くなったのかもしれない。

さてさて飲めるようになった私の人生は得してるのか、損しているのか(笑)
by suzu-perry | 2011-10-30 23:31 | ひとりごと | Comments(8)
今月はMARUライブには2回も呼んでいただいたのです。
今回はママの高校の同級生が集まる日、何人かすでにライブを見ていただいている方もいらして、余興としてライブを希望していただいたので呼んでいただけました。

水元高校の1期生なんですって。
水元といえば、水元公園でライブをやったこともあるから、何となくご縁を感じるのですよね!!

同窓会というから、積もる話もあるだろうし、ライブはおとなしい曲を用意していたのです。
BGM感覚でいいのかなぁ?なんて。
そしたら、みなさんノリのいい方で、あんな曲を聴きたいとかリクエストいただいて結局は月例ライブのような雰囲気に(笑)

19時半からはじめて、終了したのが22時ーー!結局2時間半もやっちゃって、本当にすいません!

初対面でも人と人を近づける音楽の力のすごさを感じました。

1st stage
1. Close to you (The Carpenters)
2. Georgy Porgy (Toto)
小ネタ(リクエストにお応えして1番だけww)
Xanadu - Start me up
3. What's Goin' on (Marvin Gaye)
4. Time After Time (Cydi Lauper)
5. Just the way you are (Billy Joel)
6. September (Earth Wind & Fire)
7. Stand by me - Every Breath you take (mash up)

2nd Stage
1. Superstition - I want you back (mash up)
2. hirokiちゃんコーナー
 ワインレッドの心 ー 月 ー 22歳の別れ ー (モノマネ付きで1番目だけww)
3. Let it be (Beatles)
4. タイムマシンにお願い (サディスティックミカバンド)
5. Stairway to heaven (Led Zeppelin)
6. Daydream Believer (The Monkeys)
7. Get it on - Born to be wild - Train kept a rollin' (medley)
8. You've got a friend (Carole King)

encore
さよなら (hiroki)
Open your Eyes (hiroki)
Listen to the Music (the Doobie Brothers)
The water is wide (traditional)

【本日のお客さま】
水元高校一期生のみなさま14名さま

【本日のママの料理】
シチュー、カニグラタン、タコのカルパッチョ、メカジキのソテー、モツ煮

ゆきちゃんのお手製ケーキ
かぼちゃのケーキ
by suzu-perry | 2011-10-29 23:49 | Comments(0)
「あのねーーー」

「おかあちゃんが帰ってくるの待ってたんだよ」
d0066024_1104056.jpg

「ホントだよ〜〜」
d0066024_111222.jpg


suzu「ごめんね。ごめんね。寂しかった??」
d0066024_1124829.jpg


「いいよ。がんばって働いてるもんね。大丈夫」


……って、言っているように見えた。かわい過ぎです。
週末疲れていたけど、ぶっ飛んだわ。
お家に帰るとこういう風に迎えてくれると本当にうれしいのです。

その後は抱っこしてとか、ごはん…とか大変ですけどね。

明日はPeachのスタジオとMaruのライブだ(2週連続)。
hirokiは今回は大丈夫♪

がんばりますう!
でも、今日は眠いから寝ます。
おやすみぃ^^^!
by suzu-perry | 2011-10-28 23:04 | | Comments(2)

Neil Young:Love is Rose (1974)

私もこの曲はリンダヴァージョンしか知らなかったし、あんまり作曲が誰なのか興味を持っていなかったのですが、最近、この曲がNeil Youngの曲だと知った。
Push★UP!でもこの曲はやったことがあるのですが、そうなんだぁ…。
おかちんさんにバンジョーを弾いてもらうというバージョン。
今でも音源は残ってますよ(笑)



こちはリンダバージョン


ニコレット・ラーソンのLotta Loveも彼の曲と聞いて驚いたもん。
結構カワイイ曲を書くんだな…って。

ニール・ヤングって、私の中ではCrosby, Stills, Nash & Youngのイメージが大きかったのですが、これはちょっと70年代にさかのぼって聴いてみたいと思った。
まだまだ知らないこといっぱいだな…。
和訳結構怪しい。
こばさん help me---!

"Love Is A Rose"

Love is a rose, but you better not pick it
愛は薔薇、だけど摘まない方がいいよ
It only grows when it's on the vine.
枝にある時は育つだけだけ
A handful of thorns and, you'll know you've missed it
とげがあるのにあなたはそれを見逃したことに後でわかるよ
You lose your love, when you say the word "mine".
「僕のもの」と言った時には愛を失うのよ

I wanna see what's never been seen, I wanna live that age old dream.
見たことのないものを見たいし、昔ながらの夢に生きていたい
Come on, lads, we can go together,
おいでよ。一緒に楽しもう
Let's take the best right now, Take the best right now.
今は楽しくやればいいんじゃない

I wanna go to an old hoe-down, Long ago in a western town.
昔むかしの西の街にある古き「ホエダウン」に行きたい
Pick me up cause my feet are draggin'
足を引きずっているから迎えに来てよ
Give me a lift and I'll hay your wagon.
あなたの車に乗せてね
by suzu-perry | 2011-10-27 23:40 | 今日の一曲 | Comments(14)
今日は大事な編集会議があったけど、無事に終わってホッとしている。

前回の仕事の評価もそこそこあると充実感があります。
でも、それに満足していると落とし穴にはまるので、気を引き締めて仕事しないといけないのですけどね。

それと、明日は大事なプレゼンがある。
でも、Push☆UP!のライブのおかげか、緊張せずにプレゼンでも話すことができるようになっているのであんまり心配しないでいる。

信じられないよね。
小学生のころは、国語の時間に教科書を読むだけでブルブル震えていて、どもってクラス中に笑われていた私と同一人物とは思えない(笑)

今は、プレゼンの席でも適当な答え方ができるのは、実は乗り越えて来たものがいっぱいあるのさ(笑)
ふふふ。私って天才??
d0066024_0444673.jpg
←この赤ちゃん、かわいいのだぁ!



最近ちょっと家に帰るのが早くてね。20時半ぐらい。でも、家事をして、お風呂に入るともう12時になる。

なんでーー!
くそぉーー!
なんて汚い言葉を使って悔しがってみる。

これで1日が終わるのがとてももったいなくて、映画を見たいとか、ギターとか歌を覚えたり練習したくなる。子どものころは時間を持て余していたのにね。今は一日も1週間も超早い。

だから眠るのがもったいないのだ。
でもあんまり夜更かししていると次の朝起きるのが億劫になるんですよね。

この時間…。

珈琲を飲んで、もう少し起きていようか、それともグラスワインを飲んでいい気分で寝ちゃうか…。

今日は後者かな(笑)

最近気に入っているこの曲を聴いて寝よう。
Foster The People - Pumped Up Kicks
なんかレゲエっぽくって「どうでもいいや」って思っちゃう。てへへ。


おやすみなさい。
by suzu-perry | 2011-10-26 23:13 | ひとりごと | Comments(2)
夕方無性にピーマンの肉詰めが食べたくなった。

mixiにつぶやくと結構反響があった。
コメントいただいたみなさんありがとう!
うふふ。同じように思っている人がいるのがうれしい。

「よし!今晩はピーマンの肉詰めを作るぞ!」と19時すぎに会社を出て、買い物をし、21時には完成ーー!
ピーマンだけでなく、秋の味覚椎茸も安かったので、作りました。
d0066024_21344569.jpg

付き合わせに小松菜のおひたし、あさりのみそ汁とご飯!
完璧ぃ!

hirokiには肉詰めやったらハンバーグがよかったと言われ、ちと残念。
しかし、私はいたって満足ぅーーーー!
椎茸も肉厚があってすばらしい。
普通の塩焼きでも美味しくいただけそうです。ポン酢でねーー。

ヤバい。
食欲の秋になってないかあ??

さて、今からPeach Trickの練習するぞーー。
愛しのテレキャスちゃんと遊んじゃうのだ。
by suzu-perry | 2011-10-25 22:16 | Comments(8)
ツアーをスタートさせる前に新譜が先だろう!と怒っていた私もやっぱりツアーがはじまると聞くと嬉しいものだ。
あと、1ヵ月ちょっとで7年ぶりにライブが観れると思うと嬉しい。

10/22(土)ペリー、リマのセットリスト
Draw the Line
Same Old Song
Mama Kin
Dude
Eat the Rich
Chip Away
One Way Street
Livin' on the Edge
--Drum Solo--
Rag Doll
Amazing
What It Takes
Last Child
Cryin'
Stop Messin'
Sweet Emotion
(アンコール)
Walk This Way

たぶん似たようなセットリストで来るんだろうと思うのですよね。
初期のころの曲も満載。うきうきぃ!!

ファンクラブからのレターが届いたのですが、やっぱりプレミアチケットは頼まなくて正解だった。
随分と並んで、記念写真をニコパチで終わりのようです…。

その分、ブライアン・アダムスとテデスキ・トラックス・バンドに行くことにした。
その方が正解ですよね。

今日はWhitesnakeがなんと、赤坂BLITZでスタンディングのライブをやっているみたい。
ドームよりはそういうところで観たいものです。

そういや、そろそろCheap Trickもそろそろ来る時期かもぉ??
by suzu-perry | 2011-10-24 23:04 | 音楽 | Comments(6)
The SOL◎が主宰する[ Oh ! Yeah !! vol.3 ] -PARTY LIVE by F.N.R.- に行ってきました。

出演者のみなさん、お疲れさまでしたーー!

「キヨ太郎あいさつしなさい」とサプタイトルついているのですが、今回私、ゲストで参加させていただいて、キヨ太郎さんとまともに話をさせていただきました。
The SOL◎のベーシストさんです。

トップはカマキリ
d0066024_22221347.jpg

押上のギャルバンとして貫禄ついてきましたよねーー。
ドラムのゴリちゃんも息があってますね。
かなり練習したんじゃないかな…。アヤちゃんがヴォーカルを取っている曲もあり、楽しめました!
あと、オリジナル缶バッチもいただきました!デザインbyすーさん

6時10分ぐらいに着いてたらもうはじまっていて、オープニングに間に合わなくてすいませんでした!

2番目はひめちゃんのご近所さんというかしわさんのバンド。
懐かしいヒットパレードでBCRのSaturday Nightの時は騒いじゃいました!

トリはThe SOL◎!
最初からHighway Starでノリノリでしたねーー!
国井さんもゲストで登場!
d0066024_22255888.jpg


suzuもラスト2曲参加させてもらいました。
私がAerosmith好きと知っていて、piroshiが企画してくれました。感謝です(はあと

Nine Lives
Eat the Rich

エアロは来月、来日もあるので、私自身とても楽しめました!
たけひろからは「ブログで特別な曲なんて書いてハードルあげないでくださいよぉ」なんて言われてしまいましたが、彼らの演奏とても良かったと思いますよ。
しょーこちゃんも結婚したみたいで、とってもほのぼのライブでした!
by suzu-perry | 2011-10-23 22:28 | ライブ参戦 | Comments(6)
無事に10月のMARUライブも終了しました。
本当にありがとうございました。

hirokiの会社が引越の続きで今日は出勤になり、早くて20時頃になるかも?と聞いていたので、今朝からsuzu一人でできる曲をチェックしていると…。

あ、なんだぁ、結構できる曲あるやん!
なんて、調子にのって昼寝までするsuzu←どこまで腹座ってんねん!

でも不安は不安で、ついブログに書いたら、ますたーさんがヘルプで行こうかとメールがくる。
嬉しいですよね。ご近所でギタリストが急遽手伝ってくれるなんて感激。

で、早速電話。
嬉しいことに搬入も手伝ってくれるって。
ますたーさんが天使に見えました(笑)

リハ中にhirokiから電話。
「21時になるかも?」
えーーー!
…でも、意外と私落ち着いてました。そんな予感もしていたので。

私がギターヴォーカルし、ますたーさんがオブリで入ってくる感じ。
これはこれでいいかも?なんて…思いました。
Maruではスペースの都合上suzuは全くギターを弾かなかったのですが、「suzuちゃん、ギター弾けるんだね!」なんて声かけてもらえたりもうれしかったなあ。

結果hirokiは20時過ぎにはタクシーで到着し、True Colorsから入ってくれた。
でも、ますたーさんは結局最後まで入ることに(笑)
d0066024_1037249.jpg

すいません、突然なのにぶっつけであんなにいいギターを弾いてくれてありがとうございました。
maruのお客さまもギターソロのあるPush☆UP!を楽しんでくれたようです。
d0066024_10411047.jpg


1st stage
1. Luka (Suzanne Vega)
2. Get it on (T. Rex)
3. Have you ever seen the Rain (CCR)
4. 20th Century Boy (T. Rex)
5. One of Us (Joan Osborne)
6. Angel From Montogomery (Bonnie Raitt)
7. True Colors (Cydi Lauper)

encore
Let it be (the Beatles)
She will be loved (Maroon 5)

2nd Stage
1. Joy to the world (Three Dogs Night)
2. Stand by me (Ben E King)
3. I want you back (the Jackson 5)
4. Will you still love me tomorrow (Carole King)
5. Knocking on the heaven's door (Bob Dylan)
6. Listen to the Music (The Doobie Brothers)

encore
Starway to heaven (Led Zeppelin)
Day Dream Beliver (the Monkeys)
You've Got a Friend (Carole King)
From a Distance (Nanci Griffith)
The Water is wide (traditional)

【本日のお客さま】
ケンちゃん、福ちゃん、岡部さん、齋藤ちゃん、高橋ちゃん、吉沢さん、角田さん、シゲちゃん、けんちゃん、小福ちゃん、ライさん、ダル、なべちゃん、なべちゃんの友人で小山から来た人、あおちゃん、JEF師

【本日のママの料理】
豚汁、豚とごぼうのフライ、野菜サラダ、赤飯、アボガドと海老、シチュー、フランクフルトのパイ、サツマイモの煮物

ゆきちゃんのお手製ケーキ
パンプキンプディング

【写真提供】
JEF師
by suzu-perry | 2011-10-22 23:01 | Comments(4)