suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る

<   2011年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

餃子

私はかなり餃子好きなのです。
でも、7月に健康診断があるので、ウェイトコントロールをしてるので、ここのところサラダ生活をしている。でも、体がバテると無性に餃子が食べたくなる。

なんで、久しぶりに珉珉に行って餃子をたらふく食べた。
d0066024_2333686.jpg


生ビールとの組み合わせは最高です。

関西出身の私は餃子というと、「珉珉」か「王将」なんですよね。
大阪の珉珉より味は落ちますが、錦糸町には珉珉が2つもあるのはラッキーなんですよね。

前に住んでいた高円寺の近く中野にもあったのですよね。
これは運命かも?

中華料理やラーメンを食べに行っても必ず餃子は頼みます。
でも、どこの餃子が一番美味しいんだろう。

飯田橋にも慣れてきたし、健康診断が終わったら、食べ歩きをはじめないといけないなあ…。

さあ、今日で6月も終わり…。なんだか早いなぁ。
次のイベントは七夕ですね。
先日、銀座へ行ったら、七夕の笹が街に飾られていた。
d0066024_2342425.jpg

願いごと叶うといいなあ。
by suzu-perry | 2011-06-30 23:29 | Comments(18)
d0066024_0283954.jpg実はルシンダ・ウイリアムスのCDを買うのは今回がはじめてです。1997年の『Car Wheels〜』が名作といわれているけれどまだ聴いたことはない。
最新作といっても3月にでたアルバムですから、古いという印象もあるのですけど、ジャケットが気に入って購入しました。

私が買ったのはデラックスバージョンでKitchen Tapesといって、同じ曲をギターと歌だけの生っぽいバージョンが入っている。私はこれはこれで好きですね。
また違うバージョンではジャケットが違うんですが、一般市民がアルバムタイトル「Blessed」と書いたボードを持っている。

しかし、Disc 1の方がカッコいいです。
エルビス・コステロも3曲(1.6,10)ギターで入っているようですね。


こういう曲がバンドでできると楽しそうですね。

Buttercup

You talk about the junk you did, Like you talk about climbing trees.
You look like a little kid, With bruises on your knees.

You will never cop, To the damage that's been done.
You will never stop, Cos it's too much fun.

Now you want somebody to be your buttercup,
Good luck finding your buttercup.

You already suck me dry, Can't do it any more honey.
You rough me up and make me cry, And you wanna borrow money.

You say you feel like a failure, And wish you cold take it all back.
Well honey I gotta tell you, It's a little too late for that.

Now you want somebody to be your buttercup,
Good luck finding your buttercup.

Glory is an act of the other
You're always feeling bad
Maybe you couldn't talk to your mother, Or stand up to your dad.

You want my forgiveness, That I'll give to you.
But you got yourself in this mess, There's nothing I can do.

Now you want somebody to be your buttercup,
Good luck finding your buttercup.

First time I saw you, You would make me melt.
The last time I saw you, You hit below the belt.

You might have a beautiful mouth, You might have beautiful eyes.
But soon or later, it'll all go south, You tell too many lies.

Now you want somebody to be your buttercup,
Good luck finding your buttercup.
Good luck finding your buttercup.
Good luck finding your buttercup.




Disc 1
1. Buttercup
2. I Don't Know How You're Livin'
3. Copenhagen
4. Born To Be Loved
5. Seeing Black
6. Soldier's Song
7. Blessed
8. Sweet Love
9. Ugly Truth
10. Convince Me
11. Awakening
12. Kiss Like Your Kiss

Disc 2 Kitchen tapes
曲名はDisc 1と同じです。

2011/3/1リリース
by suzu-perry | 2011-06-29 23:27 | 音楽 | Comments(8)
Best Hit USAで紹介していたミュージシャンですが、なかなか気に入りました。

最近はyou tubeで自分でアップしてデビューするアーティストも増えてきていますが、彼女もそうだそうです。

この曲はKing of Anythingという曲。


King of Anything

Keep drinking coffee, stare me down across the table, While I look outside
コーヒーを飲みながら、テーブルでみているわね 私が外を見ている間に
So many things I’d say if only I were able
いろんなことを言いそう 
But I just keep quiet and count the cars that pass by
でも通りの車を数えるだけ

You’ve got opinions, man
相当な意見の持ち主ね
We’re all entitled to ‘em, but I never asked
私は質問したことはないわ
So let me thank you for your time, and try not to waste anymore of mine
And get out of here fast
時間をさいてくれたけど、私の時間を無駄にしないで ここから早く出て行って

I hate to break it to you babe, but I’m not drowning
こんなことはいいたくないけど 私は溺れていないわ
There’s no one here to save
救うべき人なんていないの

*Who cares if you disagree? You are not me
Who made you king of anything?
どうでもいいわ 誰があなたを王様のように持ち上げた?
So you dare tell me who to be?
Who died and made you king of anything?
よく言えるわね 誰が死んで王様のように持ち上げたの?

You sound so innocent, all full of good intent, Swear you know best
あなたは純白に聞こえる 意図たっぷりでわかるでしょ
But you expect me to jump up on board with you
And ride off into your delusional sunset
私が一緒に飛び乗ると思っている あなたの妄想の中に

I’m not the one who’s lost with no direction,But you’ll never see
迷子は私じゃない 方向は決まっていない わからないのね
You’re so busy making maps with my name on them in all caps
あなたはお面を作るので忙しいのね
You got the talking down, just not the listening
見下しているわね 聞く耳を持たないけど

*repeat

All my life I’ve tried to make everybody happy
一生 私は努力し続けたわ みんなを幸せにすることを
While I just hurt and hide
その間私なんて ただ傷ついただけ
Waiting for someone to tell me it’s my turn to decide
私の番を告げてくれるのを待つ 決断するのをね

*repeat 2 times
Let me hold your crown, babe.
あなたの王冠を持たせてよ

なんでもプロモーションとライブで日本に来て、1週間の予定だったそうですが、ライブは2日であとの4日を一人のボランティアとして東北の被災地で瓦礫の撤去などをたった一人でしていたそう。

私はこういう話に弱いんだよなぁ。

アメリカに帰っても日本は安全だということをみんなに伝えるといい、今後のライブのチケット売上の1枚に1ドルを義援金とすると公表しているようです。

今後も応援したいミュージシャンです。
by suzu-perry | 2011-06-28 23:49 | 今日の一曲 | Comments(2)

銭湯!

昨日、お風呂を入れたあと、突然給湯器が壊れた。
今日点検に来てもらったら、なんでも着火器具が壊れたということで修理は明後日になるそう。
35,000円もかかるんですって!!

…ということで、今日は内風呂に入れないので、久しぶりに銭湯。
ウチのまわりには3つも銭湯があるのですが、歩いて1分の大黒湯がお休みだったので、コトブキの近所の「さくら湯」に行った。

やっぱりこういう時下町って便利だなあ…。

コトブキの前を通るといけちけとヒキバが飲んでいた。

hirokiも私も子どものころ、自宅にお風呂はなかったので、銭湯通いだった。
だから、銭湯はかなり好き!!
でも、家に風呂があると面倒でなかなか行かないのですよね。
しかも、450円もするんですよ。むしろ高級です。
d0066024_2345837.jpg

中でもさくら湯はショルダー湯、ジャグジー、水風呂、ミストサウナ、セラミック湯、ロイヤルゼリー湯などいろんな風呂が楽しめるのだ。これは風呂のワンダーランド!!

でも、悲しいのは風呂上がりの牛乳が置いていないことなんだなあ…。

明日は大黒湯。ここには牛乳もフルーツ牛乳もコーヒー牛乳もあったはず!
楽しみぃ。
by suzu-perry | 2011-06-27 23:09 | ひとりごと | Comments(31)
d0066024_2358378.jpg最近食べ物tとか旅とかの内容が多かったのですが、本来の音楽ブログらしく(え、そうだったのかww)、溜まっていたCDの感想文です。

今回はPush★UP!5周年のときにTakeshiさんがくれたCDがこのアルバムでした。
なんだか、音楽を通じていろんな方と交流が持てるってすごくありがたいです。
今までは自分は音楽的に大したことないから…と思うことが多かったのですが、最近は音楽的に尊敬する人たちに囲まれてとても幸せです。

なんでもTakeshiさんは雲より上の山頂にいたことがあったらしく(何の仕事をしてたんだろう?)、そこでよくこのアルバムを聴いていたそうです。
そういうだけあって、かなり幻想的でした。

私は以前も書いたかもしれませんが、なぜかJoniは昔からルックスが怖くて、音楽も「難しい」イメージだったので、敬遠していたミュージシャンの一人でした。

でも、私の歌を聴いてCDをプレゼントしてもらえるというのはうれしいもので、ちょっと覚悟して聴いてみたのですが、以前よりは親しみを感じることがことができました。
このブログのおかげで、私もJoniの初期のアルバムは2枚ほど購入したんですよ。

1曲目はなんかバックに虫が鳴いているような感じでオーガニックなイメージ、3曲目のcherokee louseはちょっと歌ってみたいな感じ。7曲目や9曲目にもすごくリラックスできる曲です。
このころのJoniはサウンド面でも柔らかさがあるんですね。

最近は寝る前に聴いています。なんだろ、すごくリラックスできます。


1. Night Ride Home
2. Passion Play (When All The Slaves Are Free)
3. Cherokee Louise
4. The Windfall (Everything For Nothing)
5. Slouching Towards Bethlehem
6. Come In From The Cold
7. Nothing Can Be Done
8. The Only Joy In Town
9. Ray's Dad's Cadillac
10. Two Grey Rooms

1991/3/5リリース
by suzu-perry | 2011-06-26 23:51 | 音楽 | Comments(4)
前半私の調子はイマイチだったのですが、なんとか無事に今月のMARUライブも終了しました。
なんと、過去最高の人数が来て頂き、ありがとうございました。
d0066024_23225610.jpgd0066024_23223392.jpg







写真提供;角田さん


今月は正直、仕事で多忙だったのと、Rock Bottomでの5周年ライブがあったので、あまりそちらに時間を取ることができなかった。
家を出る前にママに電話したら、「今日は11人ぐらいかな?」とか言っていたのに、予約なし(ご本人さんは予約を入れなくても、行けない時だけ連絡するつもり」だったそう)だったり、当日行きたいと電話もあり…結果17名さまでした。
それもすごい。

予定していたより当日、どんどん増えたので、ちょっぴりママが慌てていました。
私も座る席がなくて、今日はずっと立ってうたっていました。
長時間なのでちょっと疲れました。
こちらもRBとはちょっと違うのですが、かなり盛り上がってくれて本当に嬉しかったです。
その証拠に全員が来月に予約してくださいました。

来月はこちらで何をやろうか…それも楽しみになってきました。

1st stage
1. Knockin' on the heaven's door (Bob Dylan)
2. Hippies in the 60's (Meja)
3. If it makes you happy (Sheryl Crow)
4. I'm not in love (10cc)
5. When a man loves a woman (Percy Sledge)
6. Sptember (Earth Wind & Fire)
7. Have you ever seen the rain?(CCR)
encore
Isn't she lovely?(Stevie Wonder)

2nd Stage
1. Close to you (Carpenters)
2. Killing me softly with your song (Roberta Flack)
3. Love of my life (Queen)
4. We are all alone (Boz Scaggs)
5. Time after time (Cyndi Lauper)
6. メドレー Born to be wild - Get it on - Don't Stop Believin'
7. More than words(Extreme)

encore
From a distance (Nanci Griffith)
Let it be (Beatles)
You Got a friends (Carole King)
Stand by me (Ben E King)

【本日のお客さま】
ケンちゃん、福ちゃん、桶田さん、奥さまのますこさん、ライさん、育子さん、まめちゃん(柴田幸代さん)、けいちゃん、小福さん、ひでさん、高橋さん、吉沢さん、角田さん、藤田さん、ナオコさん、部長、うにちゃん

【本日のママの料理】
玉子焼き、冷製スパゲティ、とうもころし、タンドリーチキン、サラダ、おから、スペアリブ

ゆきちゃんのお手製ケーキ
チョコケーキ、フルーツケーキ

最後にママとゆきちゃんからの誕生日プレゼント
d0066024_17265888.jpg

ママからは扇子です。
夏は何本あってもいいでしょ?ってかなりかわいい扇子です。この扇子開けるとうちわ型になるんです。この夏は一緒にいようね。

ゆきちゃんからはワインの栓
「もうすでに持っているでしょう?」ってゆきちゃんも心配してくれたのですが、実は持っていなかったのです。いつもコルク栓の反対側で栓してました。
by suzu-perry | 2011-06-25 23:26 | Comments(12)
d0066024_1640829.jpgこばさんからいただきました。J.D. Southerの新譜です。
たくさんの人がレビューを書いているし、奥山さんも素敵なブログを書いているし、もう私が稚拙な感想文を書かなくてもいいかな…と思っていたのですが、聴くと書きたくなりますね。

カーラと一緒に5月に来日する予定だったのですね。
それはそれは楽しみにしていたのです。Cyndiも素晴らしいライブをやってくれたし、私は被災した訳でもないけど、日本を応援してもらえるというのもうれしいことだし、音楽で何ができるかミュージシャン側からもすごいパワーがでる特別なライブを観戦できるのが楽しみだったのです。


それなのにキャンセル。すごいショックだった。こばさんが両アーティストに「どうして!」ってコンタクトを取ってくださったら、どうやらJDは来たかったと言っているとのことでした。
それを実現するかのように本当に8月に単独で来てくれる。
正直私はカーラは観たかったのですが、当時でJD単独だったら行ってなかったと思う。
これも縁ですよね。

そんな時期に出た彼のアルバムはそんなパワーを感じさせるアルバムだった。
とてもシンプルなんです。でも、すごく優しい。ジャケットのおじいさんが歌っているとは思えないですよ。アメリカ版徳永英明みたいだわと思った。失礼かな(笑)

アコースティックライブをやっている私たちにはものすごく影響をうけるアレンジでした。

特にイーグルスの曲は「ハーモニーは必須」と思っていたけど、やっぱりいい曲はハーモニーがなくても素晴らしい!と思えた。今のJDだから歌えるのかも知れない。

you tubeにプロモが上がってました。



もちろん、You're Only Lonelyも素晴らしいし、4、7、11のEaglesの曲も、I'll Take Care Of YouはDixie Chicksバージョンしか知りませんでした。Prisoner In Disguiseもリンダの印象ばかりだったのですが、いやいやすっかりファンになりました。
しかし、こばさんは安く買ったのにすごく高くなってますね。評判いいからでしょうね。
こうなったら、ライブの時に買うとします(笑)サインくれるかしら?

8月のライブはきっと私が忘れられないライブのひとつになりそうな予感!!



1. Go Ahead And Rain
2. Faithless Love
3. You're Only Lonely
4. The Sad Café
5. Silver Blue
6. New Kid In Town
7. I'll Take Care Of You
8. Little Victories
9. Prisoner In Disguise
10. Best Of My Love
11. I'll Be Here At Closing Time

2011/6/リリース
by suzu-perry | 2011-06-24 23:38 | 音楽 | Comments(4)
d0066024_1256439.jpg私が思っていたエミルー・ハリスという女性は技巧派のバック陣を従えた長い黒髪の格好いいカントリーシンガーだった。
確かに70年代の彼女を映像で見たことがあって、すごいなあ…と思っていました。

でも、悲しいことに私は彼女のアルバムは1枚も持っていないので、本当にイメージだけのエミルー・ハリスだった。

今年出たこのアルバムは奥山さんからいただいたのですが、正直驚きました。
ルックスもそう、長い黒髪が長い白髪になっている。でも老婆というイメージはなく、シルバーに輝く髪はかっこいいのです。

1947年生まれというのですから、今年64歳。
60歳でもかっこいいシンガーになるのが夢の私には憧れの女性といえますね!!

そしてこのアルバムを聴いたときも私の持っていたエミルー・ハリスのイメージが変わってしまった。Stevie Nicksをハイトーンヴォイスにしたような感じだなあ。ふんわりとした空間がサラ・マクラクランのようでもある。
もはやカントリーのカテゴリーにないなあ…と思いました。
あ、そもそもフォーク・シンガーなんですよね。

1曲目The Roadではグラム・パーソンズへの想い、3曲目My Name Is Emmett Tillは50年前ボブ・ディランが歌った黒人の少年の悲しい事件、5曲目はハリケーン・カトリーナで被害を受けたNew Orleansの曲。

どの曲もなんだか人生というかそんなものを感じてきます。
まだじっくり歌詞をチェックできないのですが…
DVD付きのものも発売されているようなので、DVDも見てみたいなあ。



1. The Road
2. Home Sweet Home
3. My Name Is Emmett Till
4. Goodnight Old World
5. New Orleans
6. Big Black Dog
7. Lonely Girl
8. Hard Bargain
9. Six White Cadillacs
10. The Ship on His Arm
11. Darlin’ Kate
12. Nobody
13. Cross Yourself
by suzu-perry | 2011-06-23 23:53 | 音楽 | Comments(17)
これは毎年の記録です。
いつも誕生日にいただいたものを記録しています。
(あ、もしかしたらPush☆UP!の5周年のプレゼントだったかな?)
まあ、いいや私っていつも自分の都合のいいようにしか考えてないから(笑)
d0066024_053590.jpg


毎年誕生日に本のプレゼントしあっている奈良のさおりちゃんからの今年の本は…
「いつもココロに青空を。青空はつながっている。」です。
高橋歩さんが家も仕事も引き払って家族と世界一周旅に出た先で感じたことをすごく素直に表現している本のようです。さおりちゃん自身がその言葉に共感できたようで、そんなことをちゃんと感じられる人間でありたいと思った本のようです。
読むのがとても楽しみ。

こばさんからいただいたのは…
CAVAです。CAMPASSOS BRUT NATURE。白のスパークリングワイン。
今日ひとりでは飲めなかったので、次のお休みのときにいただきたいと思います!!

おかちんさんからは…
生ビール柄の和タオル。
実は私、タオル地のハンカチが大好き。しかも大好きな生ビール柄!
うれしいです。この夏はいつも一緒にいようね!

JEF師からは…
こりこり11周年記念の限定タオル
本当はこりこりに行った方、先着順でしかもらえないものなのに…。本当にありがとう。
お祭りで活躍しそうなサイズです。

アヤちゃんからは…
すみだ珈琲の珈琲豆。
すごく美味しそうな珈琲豆です。
これは明日の朝にいただきたいと思います。
コメント付けてくれてて、もし飲んだことあったらごめんなさいとありましたが、安心してください。まだ未体験です!

あと、5周年でいうと…
ちかちゃんが、深紅のバラを5本くれた!「10周年だったら10本にするね」って言ってくれた。
実は私、バラは深紅が一番好きだったのです。今、ドライフラワー化中。

TakeshiさんからはCDとピックケースです。
(これについては後日感想付きでブログに書きます)

それと嬉しかったのは、メールやコメントやメッセージでいただいたお祝いの言葉。
本当にたくさんいただきました。
今日の午前中にTakeshiさんから「suzuちゃん、生まれきてくれてありがとう」というコメントを入れてもらって、すごく感動しておかあちゃんに伝えたくなった。
そんな気持ちをmixiの日記にしたら、またコメントをいっぱいいただいた。

夜はロックボトムでピザとカクテル。

珍しく、下田たけしさんがいた。Doyasaときょうこちゃんと、ユキちゃんに芹ちゃん。
帰り際にはれおんちゃんが「おめでとう」って。
すごい素敵な誕生日だったなあ…。
by suzu-perry | 2011-06-22 23:03 | ひとりごと | Comments(2)
今日はグルメ取材。

資生堂パーラーの「チキンライス」
d0066024_2075793.jpg

撮影用のものをスタッフで試食。
だから、本当はこれがお腹いっぱいまでサーブしてくれるのですが、2100円(税込)+サービス料10%
私は関西人なんでヘンなところせこいのですが、チキンライスにこの価格はきびしい…。

でも、銀座の一等地で、最高のおもてなしと銀のカトラリーなど食器もすばらしい。
それを家でそろえたり、キレイに手入れすることを考えると…なんですがね。

これは取材ではないのですが、人気店というので入ってみた。
京橋 HIDEMI SUGINOのケーキ
d0066024_20143723.jpg

クリームチーズを使ったケーキ630円。ラズベリーから判断してもらっていいと思いますがか、かなり小さいです。まあ、甘いものがそんなに好きでない私にはちょうどいいですけどね。
ドリンクが740円ぐらいなので、セットで食べると1400円ぐらい。
ここのケーキは午前中にはなくなるという人気のお店。
イートインしているお客様を見てみると一人でケーキを2~3個食べいている。
美味しいのは美味しいのですが、みんなリッチなのねーーー!
3つも食べたら、ドリンクも追加したくなるから2500円は超えますよね。
それでもラデュレよりは安いのかな。


最後に
駒形の前川のうなぎ
d0066024_2020225.jpg

うなぎの蒲焼き 5985円

関西のうなぎと違って焼かないので、非常に柔らかいのですが、酒のアテにもなるように砂糖を使わない。
脂がのっているのにひつこくない。
コースだと1万円ぐらいからのようですね。予約が必要なようですが…。
なんでもお店の目の前が隅田川花火の第2会場ということで、花火の日はうなぎにドリンク飲み放題で3万円らしいです。
d0066024_20312623.jpg

スカイツリーもばっちり見えるシチュエーション。

ランチだとサービス料もつかずに鰻重で2500円ほど。

CDやDVDだと惜しくないのに価値観って不思議ですよね。

あなたのハレの日にはどこにいってみたいものですか。
一日前に誕生日祝いしてもらった感じだ(笑)
by suzu-perry | 2011-06-21 20:06 | Comments(10)