suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る

<   2011年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

Happy Birthday Brian Jones!

今日は寒かったですよね。

まさかのミゾレ。週末の暖かさから一気に15度ぐらい下がりました。まったく春前というのはイヤな感じです。

TwitterでもFacebookでもストーンズのサイトからタイトルのようなメッセージがありました。
今日はブライアン・ジョーンズの誕生日のようです。
d0066024_22424684.jpg
今はもう亡くなってこの世にいない人が生まれた日をHappy Birthday!なんて誰に向かって言っていいのかわからないのですが、そういう日に偲ぶっていうのはいいことだと思うのですよね。
生きていれば69歳です。

でも、この人がいなかったらthe Rolling Stonesは生まれてなかったかもしれないのですよね。
the Rolling Stonesを見て、エアロスミスのSteven Tylorはミックのようなロック・ボーカリストになりたいと思い、Aerosmithを作り、それを見た私は音楽をはじめて今も素敵な仲間に出会った。
だから、私はブライアン・ジョーンズが生まれて来たことには感謝しないといけないのです。

とは言え、私が5歳の時に亡くなったので、もちろん現役時代の頃は知らないのですよね。
初めて買ったストーンズのアルバムはスティッキー・フィンガーズだったし。

彼は作曲こそしなかったですが、楽器はシタールやらスライドギターやら木琴までこなすマルチプレイヤーだったのですよね。

でも今は便利な時代ですよね。you tubeでそんな彼の映像をみることができるんですもの。
当の本人もそんなことになるとは思ってもいなかったでしょうね。
今も天国でシタールとか弾いているといいですよね。


by suzu-perry | 2011-02-28 23:00 | 音楽 | Comments(4)
d0066024_2316477.jpgokuyamaさんのブログで紹介されていて興味を持って購入したアルバムです。
実はこばさんからもベスト盤をいただいたのですが、これは彼女のバンド時代の曲もあって盛りだくさんなので、後日感想を書きますね。

Sandy Dennyさんは1978年に31歳で事故で若くして亡くなられています。
これだけの美しい声の持ち主なのにもったいない!
彼女のアルバムを聴いたことはなくても、Led ZeppelinのThe Battle of Evermore(限りなき闘い)に入っている彼女の声は聴いたことがあると思います。私も知りませんでしたが…。

前回も書きましたが、私はPPMをはじめ、フォークは昔からあんまり聴いていないので、最初はキレイな声のキレイな曲だなあ…と思っていたのです。
それから4〜5回と聴くうちになんだかいいなあ!と思うようになり、Listen, Listenなんかは口づさんだりするようになりました。
歌詞までは追いかけてないですが、1枚を通じて物語を感じるアルバムだなとうれしくなりました。

1曲目のIt'll Take A Long Timeもギターもうっとりするような曲で、もしライブでこのイントロが流れたら思わず拍手しちゃいますね。

アカペラのQuiet Joys Of BrotherhoodからListen Listenに移るのはドキドキします。
Listen Listenが一番好きですよね。もう叶わないことですが、生で歌うのを聴いてみたい。
アマチュアの方のyou tubeなのか結構いい感じにカバーされている映像がありました。
こういうのが弾き語りできるようになれるといいなあ…。



Tracking list
1. It'll Take A Long Time
2. Sweet Rosemary
3. For Nobody To Hear
4. Tomorrow Is A Long Time
5. Quiet Joys Of Brotherhood
6. Listen, Listen
7. The Lady
8. Bushes And Briars
9. It Suits Me Well
10. The Music Weaver
11. Here In Silence (Bonus Track)
12. Man Of Iron (Bonus Track)
13. Sweet Rosemary (Bonus Track)
14. Ecoute, Ecoute (Bonus Track)
15. It'll Take A Long Time (Bonus Track)


1972年リリース
by suzu-perry | 2011-02-27 23:47 | 音楽 | Comments(6)
今月も無事にMARUライブも終了しました。
なんとMARUでのライブも通算9回目になりました。
ありがとうございました。

春一番のような暖かい日が続いていて気分は恋いしたい気分ですよね。

1st stage
1. Scarbrough Fair (Simon & Garfunkel)
2. Time After Time (Cyndi Lauper)
3. Home (Michael Buble)
4. Eternal Flame (The Bangles)
5. Let it be (The Beatles)
6. The Water is wide (Karla Bonoff)
7. My Girl (The Temptations)
8. Stand By me (Ben E King)
encore
Kockin' on the heaven's door(Bob Dylan)

2nd Stage
1. I want you back (Jackson 5)
2. Have you ever seen the rain? (CCR)
3. I Swaer (John Michael Montgomery)
4. Desperade (Eagles)
5. Joy to the worls (Three Dogs Night)
6. Day Dream Beliver (The Monkeys)
7. What's Goin' on (Marvin Gaye)

encore
You've got a Friend (Carole King)
Little Beat (hiroki)
欲望という名のドライブ (hiroki)
願い(hirokii)
童神(古謝美佐子)
Listen to the music (The Doobie Brothers)

今回はHomeばっちりでしたよぉ!!
しかし、アンコールだけで7曲ってどういうことなのかしら?
すでに3ステージですよね(笑)
d0066024_1055232.jpg


今回は以前来た方が奥さまを連れて来てくださったり、初めての方が4人も来てくださいました。
60歳ぐらいの方と聞いていたのですが、聴いている音楽は私たちとあまり変わらないのですよね。

ライブ後にS先生が現れて、さらに3曲演奏させていただきました。
いやあ…。もうヘトヘトになっちゃいましたが、MARUはMARUでいいライブ空間になってきました。これもママ明美さんのおかげですよね。

【本日のお客さま】
ケンちゃん、福ちゃん、岡部さん、藤田さん、しげさん、ひでさん、高橋さんご夫婦、網谷さん、今野さんご夫婦

【本日のママの料理】
クラムチャウダー
d0066024_1056618.jpg

ハンバーグ
d0066024_10581114.jpg

大学芋
牡蠣フライ

ゆきちゃんのお手製ケーキ
シフォンケーキ
by suzu-perry | 2011-02-26 23:56 | Comments(6)
2月だというのに4月下旬の暖かさだったようですね。
春一番も吹いたそうです。

錦糸公園にある桃の木が花を満開にさせてました。
d0066024_15394433.jpg


錦糸公園にあるのはほとんどが桜なので、今ごろ満開にさせているのは桃ですよね!梅じゃないし。しかし、桃とはいえ、かなり早咲きの品種なのかな?それとも桜なのかしら?
桜よりピンク色をしているように思う。

私、ある意味桜より好きかも。

桃の木がたくさんある場所を桃源郷って言ったりしますが、中国では理想郷で、想像上の場所のよう。
確かに、この満開の桃がたくさんあるところは夢のような場所なのかも?

でも甲府盆地にはちらほら見ることもできるようです。
見に行きたいなあ。
by suzu-perry | 2011-02-25 23:37 | ひとりごと | Comments(2)
古い音楽も大好きなんですが、今が旬の人のライブもいろんな刺激になるので、なるべく見るようにしています。
本当は土曜日のHall & Oatesが行きたかったのですが、自分のライブと重なり泣く泣く断念。
来月にはシンディがメンフィスブルースのライブで来るのですが、なんと1万円超え。

最近はCDが売れないからライブが収入源というのもわかるけど、高いですよね。
そういう意味で7年前に見たイーグルスもパス。

そんな私のライブのセレクトはKaty Perry。
d0066024_13325822.jpg

これがライブチケット!
d0066024_1353421.jpg


I kissed a girlで2008年にブレイクした彼女ですが、生まれはカリフォルニア州サンタバーバラの厳しい牧師の家に生まれ育った。15歳の時にクイーンの「キラークイーン」を聴いた瞬間に音楽への道を目指すことになる。音楽を目指すならナッシュビルに。ということでそこで、アラニスを育てたグレン・バラードなどのプロデューサーと出会う。17歳からは1日1曲を作る。現在のソングライターには曲づくりの筋肉を鍛えないといけないと言われたようですね。でも、なかなかアルバムリリースまで行かず、その5年後に「one of the boys」というアルバムをリリース。

I kissed a girlは女子高校生に爆発的ヒット。
よくあることですが、同性愛に目覚めないかと心配する保護者たちが彼女の音楽を聴くことを禁止する。それがさらに話題となるわけです。

ここまでは私は普通のアイドルのひとりだと思っていたのですが、よくLady Gagaと比較されますがね。そういえばLady GagaのネーミングもQueenのRadio GAGAから来ているらしいというのですから、Queenの影響力というのは本当にすごいと思いますよね。

昨年のヒットCalifornia GirlsはJay ZとAlicia KeysのEMPIRE STATE OF MINDを聴いて素敵だな…と思った彼女。そしたらニューヨークだけじゃなくてカリフォルニアも素敵だよって伝えたくて作った曲だとか。なんだかこの子頭いいかも?と注目するようになったのですよね。

Lady GAGAが打ち込みダンス系に対して、彼女はバンド志向のようで、ルックスとは裏腹にロック路線のようです。DJが出て来そうなCalifornia Girlsをグラミー賞では見事にバンドで再現していた。ロックっぽくない顔立ちのゴスペル育ちのロック好き。ファッションは1940年代。どんなステージを見せてくれるのか楽しみ。

しかし、最近の20代の女性はしっかりしているよなあ…。

ライブは5月23日 新木場studio coast
by suzu-perry | 2011-02-24 23:48 | 音楽 | Comments(10)
Facebookをチェックしていたら、Rolling Stonesのウォールに「Happy Birthday Jimmy Miller」とあった。
今日はJimmy Millerさんの誕生日らしい。
で、この人誰なんだろう?と調べたら、「Jimmy Miller produced five albums for The Rolling Stones between 1968 and 1973: Beggars Banquet, Let it Bleed, Sticky Fingers, Exile on Main Street and Goat's Head Soup.」とストーンズのサイトにあって、そんなすごいアルバムのプロデューサーだったのかとわかった。
全部好きなアルバムです。
このアルバムは1枚ずつ紹介したいので、それはまたの機会に

でも、既に1994年にお亡くなりになっているそう。
ストーンズだからイギリス人かと思ったのですが、ニューヨーク生まれなんですね。

で、今日はmixiにもつぶやきましたが、銀座のナイルレストランでランチをしました。
d0066024_0294876.jpg

東銀座のビル街にポツンと違和感のある可愛い外観。とっても気に入りましたよぉ。
つぶやきに対してすごい反響があってびっくりした。みんな知っているのですね。
で、「ムルギランチ」を食べなさい!というコメントを見ないまま、そのランチを注文して食べました。
d0066024_0315271.jpg

1500円。美味しかったです。
キャベツとポテトとターメリックライスと鶏肉。
これを全部混ぜて食べるんですって。ポテトがいい役割をしてましたよ。

そのあと、仕事でお世話になっている方が「世界らん展」に出店しているということで招待状をいただいたので東京ドームまで見に行って来ました。
d0066024_0345663.jpg

え?らんだけで、東京ドームをかりちゃうの?とびっくりしながら、平日だったら空いているかと思っていったのですが、すごい人!!

らんってそんなに人を魅了しているのですね。
d0066024_041127.jpg

私の知り合いのブースはこうなってましたが、すごい。
d0066024_0431553.jpg

傘を使った展示もあり、販売ブースにも花屋さんがいっぱい。
たまには、自分と縁のない場所にいくのもいいですね。
らんを育てるのもきっと大変なんですよね。これだけの人を集めるのですから。
by suzu-perry | 2011-02-23 23:17 | ひとりごと | Comments(4)
…つーことで、ひさしぶりに「バカ親日記」でも書くか。

今日のプリンス
d0066024_23541813.jpg

いつものように玄関マットの上でくつろいでます。
最近は少し暖かくなったようなので、毛玉がいっぱいになってきました。
4月ごろになったら、またライオンカットする予定ですよ。

このコはカントリーが好きなようで、suzuが家でカントリー歌うとヨコでニャーニャー歌い始めるのです。たまに狂ったように暴れます。
好きな食べ物 カレイ

今日のヴィーナス
d0066024_23571551.jpg

いつものようにソファの上でくつろいでいます。
このコはブラッシングが好きなので毛玉はないです。
キレイ好き♪

好きな食べ物 ささみ

長生きしてね。


今のテレビ番組Gleeが気になってます。
アメリカのテレビドラマらしいのですが、サウンドトラックアルバムが3枚出ているのですが、全てNO.1ヒット。
アメリカの高校の合唱部をテーマにしているようなのですが…。
古い曲をアレンジしているようですね。
Journeyのdon't stop believin'なんかもやっているのですが、Journeyの記録よりも上回ったとか。
さらにJourneyのベスト盤も売れているということですから、影響力の強さを感じます。

しかしなあ…。
DVDは10枚組で1万円超えだもんなあ…。
やっぱ買えない。tsutayaにおいてるのかしら?
by suzu-perry | 2011-02-22 23:53 | ひとりごと | Comments(2)
d0066024_0141842.jpgいつもお世話になっているこばさんからいただいたアルバムです。

このアルバムもう40年前にリリースされているのです。
そうCarole Kingのタペストリーと同じ年なんですよね。

最初sister kateって誰?と思ったのですが、James Taylorの妹のKate Taylorのことだったのですね。Jamesの兄はAlexで、弟がLivingston、Kateはその妹で末っ子なんですよね。
そんな環境の彼女ですよ。上手いはずです。
実は私、カントリーは大好きなんですが、フォークはあんまり聴いてないのですね。
なんだろ地味な感じがしていたのです。

でも、このアルバムは楽しめました!
兄弟の曲はもちろんのこと、Carole KingやElton Johnの曲までありますから。
カバーアルバムってこのころは普通だったのかしら?
White Lightningのバックヴォーカルはリンダっぽいですよね。
リズム隊がすばらしい。いちいちベースラインが気になってしまいます(笑)

EltonのYour Songで苦戦していた私ですが、Eltonの曲も上手く歌いこなしてますよ。すごい。
クセもないので、私のバイブルアルバムになりそうです。

何がすごいってバックミュージシャン!
Peter Asher — Vocals, background vocals, clapping
John Bieland — Guitar
Merry Clayton — Vocals, background vocals, background music
Sandra Crouch — Percussion, tambourine
Oma Drake — Vocals, background vocals, background music
Abigale Haness — Vocals
Gail Haness — Background vocals, background music
John Hartford — Banjo
Wayne Jackson — Horn, horn arrangements
Carole King — Piano, vocals, background vocals, string arrangements, background music
Danny "Kootch" Kortchmar — Guitar, percussion, conga, background vocals
Russ Kunkel — Drums
Charles Larkey — Bass
Bernie Leadon — Guitar
Andrew Love — Horn, horn arrangements
The Memphis Horns — Horn, horn arrangements
Joel O'Brian — Drums
Donna Prater — Vocals, background vocals
Linda Ronstadt — Vocals, background vocals, background music
Ralph Schuckett — Organ, piano, accordion, keyboards
Leland Sklar — Bass
J.D. Souther — Guitar, vocals, clapping
John Tartaglia — Strings, string arrangements
James Taylor — Guitar



Track listing
1. Home Again (Carole King)
2. Ballad of a Well Known Gun (Elton John; Bernie Taupin)
3. Be That Way (Livingston Taylor)
4. Handbags and Gladrags (Mike d'Abo)
5. You Can Close Your Eyes (James Taylor)
6. Look at Granny Run, Run (Jerry Ragovoy, Mort Shuman)
7. Where You Lead (Carole King; Toni Stern)
8. White Lightning (Jape Richardson)
9. Country Comfort (Elton John; Bernie Taupin)
10. Lo and Behold/Jesus Is Just All Right (James Taylor, A. Reid Reynolds)
11. Do I Still Figure in Your Life (Pete Dello)
12. Sweet Honesty (Beverley Martyn)

1971リリース
by suzu-perry | 2011-02-21 23:12 | 音楽 | Comments(17)
Push★UP! ロックボトム月例ライブが終了しました。
今回もたくさんのみなさんがご参加いただきありがとうございました。

おかげさまで、すごい楽しいライブにすることができました。

一番びっくりしたのが近所のデイリーヤマザキのスタッフが見に来てくれていたみたいなのです。
行きたいとはいってくれていたのですが、仕事前に来てくれるとは!
感謝です。

半数以上が初めて、もしくは1〜2回しか演奏していない曲を多く選んじゃったのは、まずかったかなぁ。

Push☆UP! Rock Bottom Live 20th 2.2011
★印は初お披露目曲

1st stage
1. Luka (Suzanne Vega)★
2. Something more (Sugarland)
3. Only Prettier (Miranda Lambert)★
4. Landslide (Fleetwood Mac)
5. Home (Michael Buble)
6. All Jacked UP (Gretchen Wilson)
d0066024_1030981.jpg
suzuがカントリーをおおいに歌うということにしたのですが、ビール飲んじゃって駄目でしたね。
いやいや好きなのとできるものは別ですね。
まだまだ精進しないといけませんねーー。

こばさんにもprettierの口の形の指導を受けました!
今度は御大たちとカントリーに挑戦したいです。
しかし、すっごい一生懸命練習したLukaがイマイチだったのが悔しい!
でも、そんなものなんですかね。


2nd stage
1. Norwegian Wood (The Beatles)★
2. She loved you (The Beatles) feat. kenji+isop★
3. Get Back (The Beatles) feat. kenji+isop★
4. Through the fire (Chaka Khan)★
5. Africa (Toto) feat. Maru, Murakami
6. Georgy Porgy (Toto) feat. Maru, Murakami
7. What's goin' on (Marvin' Gaye) feat. oyu

ゲストにいっぱい入っていただきました。
ビートルズに初めてのChaka Khanですよ。
簡単そうにみえるビートルズが一番難しい…。いっつも苦戦してますな。
ビートルズファンのみなさん…
「どうも、すいませんでした」

pianoをバックにThrough the fireは、歌えてすごくうれしかった。
丸ちゃんありがとー!ダブルベースはちょっと低音が腹に来ましたが(笑)、押上低音倶楽部プロローグって感じでした。4人以上になるようならインストにしてもらいます。

またもや、個人的に楽しめてしまいました。

3rd stage
1. Joy to the world (Three Dog Night)★
2. Proud Mary (CCR)
3. I swear (John Michael Montgomery)
4. I'm not in love (10cc)
5. Free me (Joss Stone)
6. You Oughta Know (Alanis Morissette)★
encore
Listen to the music (The Doobie Brothers)
d0066024_115353.jpg


タイトルは意味不明の「冷やしたぬき、はじめました」
そうですよ。AMEMIYAをパクってますよ。

金髪で出て行きましたよ。
今年はづらが活躍ですよ。

第3ステージは2人なので、現場処理炸裂。
hirokiのアレンジは日によって変わるから、飽きないっつーか、楽しいゎ。
家ではほとんど練習してないのに…。
全くすごい奴だゎ。

いろんな方からリクエストもいただきうれしかったです。

【今回ご来場のお客さま(順不同、敬称略)】
こばさん、おかちんさん、piroshi、おがさわら、ひめちゃん、まささん、十字屋さん、木村さん、おゆうさん、りっきーさん、しんたろちゃん、さおり、メグちゃん、ますたーさん、たけしさん、前田さん、はるかちゃん、キーボーさん、アヤちゃん、こうちゃん、りんちゃん、たくや、だいすけくん

ゲスト:まるちゃん、村上さん、けんじくん、イソップ

【写真提供】
アヤちゃん、JEF師

来月もよろしくお願いします。

来月のPush ★UP!ライブは3月20日(日)
なんと!次の日がお休みぃ〜〜〜!
by suzu-perry | 2011-02-20 23:48 | Comments(8)
昨日の「緊張」ネタの続きですが、思い出したことがあった。
アメリカの歌姫クリスティーナ・アギレナさんですが、この前の2月7日にあったスーパーボウルで国歌斉唱をしたのですが、なんと歌詞を間違うという事態があったそう。
スーパーボウルで国歌を歌うのが夢だったと語っていた彼女。
誰しもが知っている歌詞を間違うなんて、でもすごいのは歌い切ったところ。
でも、その後すごい落ち込んでいたとニュースで見た。

なんとなく、同じ人間なんだな…なんて思ったのだった。

そうそう、今日来ました。頼んでいた「ハワイコナ」
d0066024_2313557.jpg

以前アヤちゃんに空輸しているというハワイコナをいただいて美味しかったの。
それで、いつもいく珈琲豆屋さんが限定入荷!という貼り紙を見て予約しました。
d0066024_237747.jpg


珈琲豆屋の成瀬さんが「グリーンウェル農園のコナは美味しいよ」って言ってたので高いけど買いました。でも、デパートよりは安いと思う。
かなりの贅沢。どんどん珈琲の世界が変わって来て困ってしまいます。
でも大切に飲もうっと。
by suzu-perry | 2011-02-19 23:24 | Comments(10)