suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る

2011年 09月 05日 ( 1 )

Jevetta Steele :Calling you

映画『バクダッド・カフェ』の主題歌であるこの曲はこれまた誰もが一度は聴いたことがあると思う。

…というよりは一度聴くだけで記憶に残る印象的なサビなんですよね。

私はこの映画を見てないのです。
でも、そういえば西海岸を車で旅をしていたとき、べガスのまわりは砂漠で、ガソリンスタンドが茶店のようになっているところがあるんですが、そこをみつけるとホッとして立ち寄ってしまうのでした。

そういうシチュエーションを思い出したりするのですね。

オリジナルはジェヴェッタ・スティール。
彼女のバージョンよりはHolly Coleのほうがあっさりと歌っている感じですよね。

この曲を理解するには映画は見る必要ありそうですね。



“Calling You”

A desert road from Vegas to nowhere
べガスからあてもなく続く砂漠の道
Some place better than where you've been
それは今まで行ったどこよこりもいい場所
A coffee machine that needs some fixing
修理が必要なコーヒーマシーンがある
In a little cafe just around the bend
ある小さなカフェはそこを曲がったところにある

*I am calling you, Can't you hear me
私はあなたを呼んでいるのよ。聞こえないの?
I am calling you
私があなたを呼んでいるのよ。

A hot dry wind blows right thru me
熱く乾いた風がちょうど私に吹いてきた
Your baby's crying and I can't sleep
あなたの赤ん坊が泣いて、私は眠れない
But we all know a change is coming
だけど、私たちは分かっているの 変化がおこること
Coming closer sweet release
切ない別れがが近いことを
by suzu-perry | 2011-09-05 23:49 | 今日の一曲 | Comments(6)