suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

3月は別れの季節

今日は3月で定年退職される方の送別会でした。

飲み放題だったから、すごい飲んじゃいました。
今日ばかりはダイエットも解禁!参加費ぐらいは食べちゃうぞ!!
(これがいけないのですが…)

22歳で会社に入って、60歳で定年。
38年間も働いたのですね。すごい。
私から見ると順風満帆に思えたのですが、最後のあいさつでドキッとした。

「何度も何度も辞めたいと思いましたが、みなさんのおかげでここまで続けることができました。
実は、昨年も辞めようかと悩んでいたんですよ」

なんて言葉が出て来たから。
どんな人も悩みながら仕事を続けているのだな…と再認識です。

愚痴ならいいけど、仕事に対して文句はあまり言わない方がいいのかもしれません。
改善するためにならいいですが、ネガティブはテンションを落としちゃいますもの。

私も60歳まであと何年あるの??とか、それまで今のように仕事させてもらえるのか??とか…。
やっぱり不安になる。

女性は「定年まで働く」ってことに、あまりピンと来ない人も多いと思う。
実際私も、「寿退社」「子どもができたら会社を辞める」なんて当たり前に思っていた。
就職するときの面接でも「何年続けますか?」という質問に「5年は働きます」なんて答えてましたから(笑)
しかし、そんな頃も過ぎると「ずっと仕事を続けることは大切だなあ…」と思うようになって来た。そもそもなんで女性だけが、「お局」だとか言われないといけないのか不思議です。
まあ、そう呼ぶのも女性なんですけどね。

育児といっても大変なのは10年。
仕事は一生ですもの。天職を見つけた人ってとってもラッキーなんでしょう。
いえ、見つけないといけないのですよ。きっと。

子どもを育てることは本当にとても大切なことだと思うけれど、
以前は現役の第一線から外れてしまった人と話すと、「話が合わない」と思うことがたまにあった。それはそれで考えさせられたものだ。

そう思う人が多いのか、最近は結婚や出産で退社する人は少なくなった。
私なんかより、ずいぶんと大変だと思うから、そういう人を見てがんばれる。

今の時代、公務員になりたい人が増えているみたいですね。
私は公務員に転職はできないし、まだまだ未曾有の不景気ですが、
今日をがんばっていれば、きっといいことあるよね。
Commented by tuna at 2009-03-25 12:13 x
転職の間に3ヶ月とか長期の休みがあったけど、1ヶ月で耐えられなくなった私には、今のところ専業主婦は精神的にきついです(笑)。

新卒で就職したときは、「子供ができたら家にいてあげたいから退職したいなぁ~」なんて漠然と思ってましたけど(もちろん今もそうは思ってますけど)、実際は金銭的に無理な気がします(笑)。


そして公務員になりたい人が増えているというけれど、私は絶対に公務員にはなれない(なりたくない)と思ってます。
だって、本来の目的?は「公僕」ですよ。

自分本位な私が、人の為に働けないですもん。

『つぶれないから』なんて理由で、公務員になる人が増えていると
したら、私にとっては腹立たしい限りです。

Commented by suzu-perry at 2009-03-25 12:43
★tunaちゃん
うん。うん。tunaちゃんにはとてもムリだと思うよ(笑)
専業主婦も仕事の量はいっぱいあると思うけれど、なんだか不毛な感じですよね。忙しい合間にやると知恵もついてくるけど。

金銭的にムリというのはよく聞きますよね。
企業も育児期間は就業時間を短くしてくれたりしますが、協力者がないと厳しいですよね。

実は私の母は67歳まで働いていたスーパーウーマンです。
その母も本音ではラクがしたいのか、私に「学校の先生になりなさい」とよく言ってました。
「休みが多いのはホントにいいよ」って。

途中までそうなろうとしてたのですが、人に教えることの難しさや自分にそんな知識の豊富さがないのであきらめました。
「人のため」というよりは「国のため」の労働?
だからきっと「なくしてはならない職種」なんですよ。

確かにtunaちゃんが言うように「つぶれないから」「ラクだから」という理由ではなって欲しくなですね。
Commented by さいのめ at 2009-03-25 15:18 x
ものごと、3年で飽きるぼくとしては、38年勤め上げることがいかにすごいことかと思う。育児は10年じゃないよ。見ていると中学から高校あたりがいちばん面倒くさい。小さいときはかわいいけどね。金もむちゃくちゃかかる。
Commented by suzu-perry at 2009-03-25 19:13
★さいのめさん
私は5年で飽きます(笑)
経理関係では3年を期に悪いことをする人が多いので、3年でよく転勤になりますよ。一つの区切りナノかも?

育児はずっとですよね~
書き方がマズイですね。女性が育児で仕事に支障がくるのが10年と言われていますので、そう書きましたが、ちょっと修正しておきます(=^▽^=)
Commented by さいのめ at 2009-03-25 22:26 x
たぶん女性の目から見て、子どもが生まれて10年は働きにいくことがむずかしいから10年なんだと思います。でも、実際にはずれがあって、その10年は「たいへん」ではなく「かわいい」んだよね。あとの10年はそう感じないけど(笑い)。

たしかに3年、あるいは5年という節目は大事だよね。そのときものごとをどう考えられるかはその後に大きく関わってくるだろうからね。
Commented by suzu-perry at 2009-03-26 08:20
★さいのめさん
自分の子ども時代を思い返せば、まさしくそうかも?ですね。
でも、私の母も働いてましたが、子どもなりに仕事をしている母の役に立ちたいと手伝ってました。
いつまでも子ども扱いする親が自立の邪魔をしているのかも?
確かに金銭的には大変ですね!
Commented by こば at 2009-03-26 09:11 x
公僕です。確かに人のための仕事はしているなぁ。自分の仕事を俺は基本的には『サービス業』に位置付けています。ナマモノの若者たちとかかわる仕事ですから『ここまででいい』とか『型どおりに』ってことが少ないです。

でもそういう感覚に欠ける同僚がいるのも事実。管理職も上からのお達しを押し付けるだけのロボットと化しているしね。

でも、もう30年近くこんなことをやってる。きっと天職だったんだろうね
Commented by suzu-perry at 2009-03-26 15:12
★こばさん
30年やっていけるのは天職ですよ!

こばさんの知識は半端ないです!
私はいつも音楽の課外授業を受けているイメージですね。
先行はロックです(笑)
by suzu-perry | 2009-03-24 23:25 | ひとりごと | Comments(8)