suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「Broken Hearted Me」 Anne Murray

また、コールド・ケースで胸が熱くなるような曲が流れたのだ。

セリーヌ・ディオンやサラ・マクラクランが出る前のカナダからの女性シンガー
アン・マレー



サビのあたりがたまらないです。
1945年生まれというのですから63歳なんですが、今も現役のようです。

しかし、アン・マレーはポップ、カントリーなどノンジャンルのようですね。
この曲は1979年にヒットしてましたから、私には出会う可能性がかなりあったはずなのに。
なぜ?

ああ、この頃はロックに片寄ってました。
カントリーの良さにはカケラも理解してませんでした。

作者はRandy Goodrum
彼は80年代に作曲者として活躍してますね。
「温かさ」と「切なさ」を感じるメロディです。
他に、Steve Perryの"Oh Sherrie" (1984)やDavid Fosterと共作のToto's "I'll Be Over You" (1986)、Chicagoの"If She Would Have Been Faithful..." (1987). なんかも手がけていたみたいです。

まだまだ私にはこのあたりの深みは難しい領域ですね。
Commented by こば at 2008-11-11 06:08 x
SnowbirdやIf You Needed Me(これは名曲!)なんかで70年代にはけっこう売れてたし、本国カナダではTVショーまで持ってた国民的歌手です。

真面目ないい子チャン的な感じで、俺はアンマレ好きになれなかったけど。
Commented by tuna at 2008-11-11 13:53 x
最近、やっと「BONES」を見終わったので「コールドケース」を
見る余裕がでてきました。

知っている曲もちらほらでてきました~
これもこばさんやSUZUさんのおかげです(^^)b

しかし、昨日見た「ハンター」は悔しかった!!!
Commented by suzu-perry at 2008-11-11 19:50
★こばさん
アンマレちゃんの歌は真面目ないい子ちゃん!
まさにわたしが今まで反応しなかったのもそのせいだゎ~!

Amyのようにちょいと悪い感じの方が飽きないんですよね!
天の邪鬼というか、その裏のかわいさが合間に見えるところがたまんない。
歌には特にそう感じる時がありますね~♪
Commented by こば at 2008-11-11 20:42 x
そうそう。

可愛いけどちょっと曲者だったり、ダメダメだけどふと優しさ見せたりされるのに弱いんだよね(笑)

本筋にアンマレ関係なくなっちゃった。

Commented by suzu-perry at 2008-11-11 21:03
★tunaちゃん
Bonesにハンター!!
私もtunaちゃんにはひそかに影響うけてますよぉ!
間違いなく(笑)
CSIとか。
これからもいろいろ教えてくださいね♪
Commented by suzu-perry at 2008-11-11 21:10
★こばさん
そういう意味ではカナダのミュージシャンってそういういい子ちゃんが多いですね。
アクがないピュアな感じですよね。

ダメダメだけど、ふと優しさが見えるって分かるような気がする!
俺様は完璧だろう!聞けるのがありがたく思え!なんて歌っているのはなんとなく、聞いている側に伝わって不快なんですよね。

ごめんね下手で。聞いてもらってありがとうってカンジだとついつい応援したくなる(笑)
それってPeach???
Commented by こば at 2008-11-11 22:42 x
ハハハ、自画自賛ってやつ(笑)

カナダにもへそ曲がりは沢山いるよ。

男ならNeil Young, Robbie Robertson(The Band), Leonard Cohenあたり。女ならJoni Mitchell。

いい子チャンには程遠いでしょ?
Commented by suzu-perry at 2008-11-11 23:36
★こばさん
いやいや自画絶賛に近いかも(爆)
下手は合っていると思うので、聞き流してください。
要するに「歌にも愛」ということで。チャンチャン。

なるほど、エリアで限定してはいけないですねぇ。
でも個人的にエリアではイギリスに多いイメージがありますよ。
Commented by tuna at 2008-11-12 10:49 x
ちなみに私の好きなブライアン・アダムスもニッケルバックも
カナダ出身です。

ピュアっていうのは言えてるかも~と思います(^^)。

天邪鬼なエイミーは、完全に子悪魔系(笑)だと思います。
好きですけどね(^^)
惹かれるけれど、ほれたが最後身を滅ぼす?!(笑)
Commented by こば at 2008-11-12 20:06 x
>tunaちゃん

そうなんだよ。子悪魔系にはずいぶん苦労したさ(笑)

Bryan Adamsはいいよね。音楽活動止めてた頃に武道館で観て無性に『ギター弾きたい!』って衝動に駆られたことを覚えています。あんなにピュアにギターをかき鳴らすことができるってすごくうらやましかったな。Summer Of '69の歌詞は若さの普遍性を具現化した名作だと思います。でも実はオジサンはその少し前のCuts Like A Knifeが大好きだった。
Commented by suzu-perry at 2008-11-13 00:13
★tunaちゃん
その好みって、一緒なんだなあ…。
ブライアンが来日したら一緒にライブに行きたいよね♪

エイミーは小悪魔のルックスなんだけど、内面に弱さを感じます。
それはジャニスとかそうなんだけどね。
自分を表現するのって、とっても難しいと思うねぇ。
Commented by suzu-perry at 2008-11-13 00:14
★こばさん
小悪魔系の苦労話(笑)
聞いてみたいわぁ!!

でも、こばさんブライアンの来日ライブにも行っていたのですね。
さすが御大!!
Commented by さくら at 2013-09-01 00:49 x
私もコールドケースでコノ曲を聴いていい曲だなぁと思い、ここにたどり着きました。サビがグッときます。
Commented by suzu-perry at 2013-09-03 13:45
★さくらさん
初コメントありがとうございます!
コールドケースは本当にヤバいですよね。
歌詞の意味がわからなくてもグッとくる。
それから、この歌をよく知りたいと思うからドラマと音楽がうまくつながった番組です。
私もコールドケースを見直したいなぁ…
by suzu-perry | 2008-11-10 23:51 | 今日の一曲 | Comments(14)