suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

酒気帯び車椅子 中島らも

d0066024_232556100.jpg中島らもさんの遺作らしいです。
久しぶりに中島らもさんの本が読みたくなった選んだのですが、バイオレンス描写がリアルで少し気持ち悪くなった。
でも、どうなんの?って気持ちで、一気に読めてしまう作品でもあった。

そのあたりはさすがですね。

でも最後は「ん?」という終わりで、消化不良でもないのですが、「ありえね~?」って感じかな。
他の人のブログを見ても、あまり評価は高くない作品みたいですね。

私としては中島らもさんの本で最初に読んだ本が本当におなか抱えるぐらい笑ったので、深層心理で「また、思いっきり笑わして欲しい」と思っているみたいです。

もう中島らもさんが亡くなって4年になるんですね。(2004年7月26日)
広告系の仕事をしている、関西人、バンドもしている…という点でとても親しみがもてた作家でした。
Commented by こば at 2008-08-24 09:36 x
酒は酔って潰れるまで飲む、という姿勢を貫いて、本当に自分が潰れちゃった人でした。

『今夜すべてのバーで』、傑作だね。今でもたまに読み返したりします。

『今夜・・・』は映画化されて、TVの深夜番組でみた記憶があってまた見たいんだけど、ビデオ(DVD)化はされてないみたいで見つかりません。たしかヒロイン役は真行寺君枝だったような・・・。
Commented by tuna at 2008-08-24 10:32 x
中島らもといえば、私の中では『明るい悩み相談』(←題名うろ覚えだけど、たしかこんなんでした…)。

きどった新聞の記事の中で、これだけはユーモア(ブラックユーモア(笑)!?)たっぷりで。いつも楽しませてもらっていたから、なくなった時びっくりした覚えがあります。

らもさんの本は読んだことないんですけどね…
Commented by suzu-perry at 2008-08-24 22:47
★こばさん
あの小説って映画化されていたのですね。
でも、らもさんの小説ってやっぱり小説の方が面白いように思いますよね。

芸術(音楽や美術)の世界って変わった人多いですよね。
その才能がなければ「ただの変人?」(笑)
そんな人生も結構いいものだろうなあ…。
Commented by suzu-perry at 2008-08-24 22:52
★tunaちゃん
たしか朝日新聞だったような。
私はそれは読んでなかったのですが「明るい悩みの相談室」ですね。
文庫本になっていますよ。

うん。確かにらもさんはtunaちゃん好みではないかもしれないなあ…。
by suzu-perry | 2008-08-23 23:46 | | Comments(4)