suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

モディリアーニ展

幼なじみが東京に遊びに来ていたので、昼間の東京ミッドタウンと国立新美術館に行ってまいりました。

昼間のミッドタウンはよかったです!
六本木ヒルズよりは親しみやすく、檜町公園といい、お店といい、また来たいなって思いました。
d0066024_2224912.jpg

お天気もよく、日向ぼっこする人や家族でくつろげるいい場所でした。

建物の中もいい。4階にはインテリア雑貨の店。IDEEやTIME&STYLEなんかもあって面白かったです。
4階の吹き抜けから望む。美しい空間でした。
d0066024_22525011.jpg


そして、国立新美術館にもはじめていってきました。

今開催されているのは「モディリアーニ展」

展示会のホームページでもかなり楽しめます。
d0066024_22291757.jpg


20世紀初頭にパリで活躍していた画家 アメデオ・モディリアーニ の作品展です。
初期の作品から晩年の作品までかなり見ごたえのあるものでした。
最初は彫刻家になりたかったようですね。アフリカ的なものにかなり影響されているように思いました。やはり初期の影響が最後にまで影響しているなと感じました。
また、デッサンなども展示されていて、興味深いものでした。
個性的な画法の確立の過程、その時に何にこだわっていたのかなど、彼の35歳の生涯を一気にフラッシュバックできるようでした。

でも、生きている間はやはりそんなに評価をうけていないんですよね。

やっぱり芸術家って大変なんですね。

ジャンヌとの第1子をもうけて、自分のスタイルを確立したようで、資産家のスポンサーもつくのですが、成功を目前として、35歳という短い人生を終えますが、妻のジャンヌは妊娠8ヶ月なのにモディリアーニが亡くなった次の日に自殺をするという悲しい出来事。

芸術で生きているうちに評価されて贅沢な暮らしをできる人って少ないんでしょうね。
Commented by tuna at 2008-04-08 16:20 x
モリディアーニって、35歳でなくなったんですね。

画家ってやっぱり短命な人が多いのでしょうか・・・

画家といえば、月と6ペンスも読みかけだった・・・
Commented by suzu-perry at 2008-04-08 21:31
>tunaちゃん
そうですよね!
天才肌のアーティストは短命が多いですよね

思うに孤独な人も多い気がする。
私のようにほげ~~っと生きていればわからないことがいっぱいわかるのかも?
凡人ゆえの幸せもあるのかもしれません(=^▽^=)
by suzu-perry | 2008-04-06 22:54 | テレビと映画とアート | Comments(2)