suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中越沖地震

最近は本当に大地震が多い。

今回の地震もまた新潟を襲って、テレビを見ているととても悲しい気持ちになる。
だけど、やはりテレビを通してだと、どこか他の国で起こっている事柄のような気持ちになる。

そんな自分が悲しくなるけれど、今の自分には寄付金を送ることぐらいしかできないんだと思う。
今のテレビでは簡単にアフリカでエイズに悩んでいたり、子どもが餓死したりする映像が流れる。それを見てもある意味麻痺状態で、「仕方ないじゃない」と片付けてしまう自分が悲しくも思う。

それと、同じような目で被災地の状況の映像を見てしまう。


阪神・淡路大震災の時、私は八尾市ということろに住んでいたので、ほとんど被害がなかった。

でも、こんな近くで起こった災害なのだから、この目で見なければいけないと思って、自分の足で長田区まで行った。
そこで焼けてしまった街、ビルが倒れている街を見て、言葉よりも涙が溢れてきたのを覚えている。

「もし、私がここの住民だったら…」

あの頃よりもネットが充実して、今は不足しているところに物資が行きやすくなっていると聴きますが、実際はどうなんだろう。

そうだからといって、今の仕事をそのままにして何かの役に立ちたいとボランティアもできない。
だから、私は今は仕事をするしかない。
それが少しばかりの義援金にでもなればいいと思うことぐらいしかできない。

東京でもいつ大災害がおこるかもわからない。

そんなときのために私に何ができるか考えることも大切なのかもしれないと考えるのだった。

追加の税金をとってもいいから、国が動いてくれれば…と祈るばかりです。
Commented by Kaz at 2007-07-21 20:53 x
天災は忘れた頃にやって来る、と言いますが、新聞によると今回の地震は前回の中越地震があったので次の地震はまだ来ないだろう、と考えていた方が87%もいらっしゃったとか。日ごろの備えが大切、ということを改めて考えさせられました(うちは何も備えてない(汗)。
Commented by suzu-perry at 2007-07-22 01:20
>Kazさん
備えていたところで賞味期限が切れてたりするものかもしれません。
やっぱり、「忘れた頃にやってくる」のが災害なのかもしれませんね。人間が自然に勝つなんてありえないのかもしれません。
でも、缶詰ぐらいは用意していた方がいいかもです。
次は関東かもしれませんし。
Commented by tuna at 2007-07-23 11:08 x
我が家は遊びほうけている女二人なもんで、やっぱり何も用意してない・・・というのは冗談ですが、直ぐに持ち出せるものは少ないですね。やっぱり持ち出しようにリュックを用意しなきゃだめですね。

ちなみに家にある防災?用品?は
・水
・乾パン1缶
・ろうそく
・まっち
・懐中電灯
・寝袋

アウトドア用品ばっかやんけー(笑)。

あ。七輪もあります。あと湿りきった炭も(笑)
Commented by suzu-perry at 2007-07-23 23:59
>tunaちゃん
装備品があるだけスゴイ。
うちはそれ以外に桃の缶詰めがある!

って大差ないよねo(^-^)o
Commented by tuna at 2007-07-27 10:27 x
桃缶!うちないです・・・

あるのは・・しーちきん、乾燥ひじき、だいず。・・・

甘いのがほすぃ・・買ってこよ~っと♪
Commented by suzu-perry at 2007-07-29 18:03
>tunaちゃん
桃缶ってなんだかホッとする食べ物なんだなo(^-^)o

高熱が出た時でもつるっと食べられるんです!
そういう非常食品としてストックしてます(・ω・)/
by suzu-perry | 2007-07-18 23:17 | ひとりごと | Comments(6)