suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

出る杭は打たれる

ようやく東京に戻ってきました。

そうですよ。
今回の出張も2泊3日!!!
疲れたのだ~~。

こんな長い時間。わがコたちに会えないのは本当につらい…。
d0066024_23552058.jpg

左からプリンス、ヴィーナス。日曜日の午後。くつろぎタイム。
まあ、本人たちはさほど気にしていないようでしたが、今日は一緒に寝るのだ~~~♪

今回の出張で、いろいろと悩みを聞くことがありまして…
なんだか思い出した言葉があるんだなあ。

「出る杭は打たれる」

私も以前はその方が所属している大企業に所属しておりまして、絶えず打たれておりました。
打たれまくって私も丸くなったものですが、決して元に戻るなんてことはしてませんでした。
折れたまま、「いつかまっすぐ立ってやるぞ!」なんてね。

弊害はいわゆる「大企業病」というモノなのですが、これまた自覚症状がないように思う。
「大企業病になってはいけない!!」と大声で言っている人に限って感染しているような気もする。

大企業というところは継続とか慣習、保守と言う言葉はすんなり動くのですが、
「変革、改革」はとても大変なことなんですよ。
特に一社員だとねえ。

そこで生きてくるのが、「政治力」なんですよ。
まあ、いわゆる「根回し」というやつです。

これがまた裏相関図とかが必要になってくるのですが…
まあ、とにかくいろいろと面倒なんですよね。

なんかそういうことを思い出していたのです。

今はそんなこと考えることもなくなったので、幸せな日々を送っているなと改めて思う訳です。

どんなことがあっても「笑える自分」になれたのはよかったのか、悪かったのか。
その相手にも「suzuさんは私が魂を抜き取られている時にも笑顔でしたよね」と言われました。
私は「ごめんなさい」と「笑顔」は忘れないようにしている。
鋭い人には「ずるいな」とも言われたりしますが…。
テンバっている自分など見られたくないのですよ。

それよりも!
私の大切な友人の大切な方が手術をしたのですが、成功したそうです!!!
本当によかった。
病気っていつ何時襲ってくるかわかりません。
自分自身も気をつけたいと思った。
私はいつ死んでも悔いないように生きているつもりですが、そういう話を聞くと本当によかったと思うし、自分も大切にしなければいけないと再認識したりするのですよ。
Commented by こば at 2007-06-16 10:03 x
あれ、またデザイン変えた。
Commented by nickey at 2007-06-17 22:59 x
てへへ☆
とっても根回しの苦手な私です!
でも、賛成。笑顔が出なくなったら最後って思います。
suzu姉は、いつも笑顔のイメージです。
私もそうでありたいと思ってます。
ずるい?? そうかな。
私はまだ、「ごめんなさい」が言えない時が
あったりして、子どもだなぁって思ったりします。

それよりも!
手術成功、よかったですね。
病気、怪我、事故。
最近はいろいろなことを思って、自分を大切にしなくては、と思うようになりました。
Commented by suzu-perry at 2007-06-18 05:14
>こばさん
昨日は乙です!
定期的にデザイン変更してしまいますo(^▽^)o

>nickyちゃん
ズルイ大人より子どもらしさ必要ですよねo(^▽^)o
でもそんなものわかりのよさも仕事だけね(笑)
プライベートはなるべくわがままにしょうと思っていますよ(^-^)

私の友だちが子どもができると自分のワガママが通せなくなると言ってました!
Commented by suzu-perry at 2007-06-20 23:33
それよりも!
大切な人の病気の心配がなくなるということはとても幸せですよね。
ある意味自分が病気になるより大切な人が病気になる方が辛いのではないかと思ったりしますし。
nickeyも大切なbabyがいるのですから、自分を大切にしてくださいね。
Commented by 賽目 at 2007-06-22 01:24 x
じつはいっしょに仕事をしたのだよね。社員として関わったわけはもちろんないし、でもいい会社だと思ったりもしたよ。へえ、企業ってこうなんだ、と思って、同じように大きな企業の仕事をしたら、これが落とし穴。

会議が終わって東京に帰るとき、梅田の地下の立ち串カツやで飲んだり、イカ焼き食うのはいい思い出だなあ。
Commented by suzu-perry at 2007-06-22 22:34
>賽目さん
一緒に仕事していた時は、もうすでに子会社におりましたので、打たれることもなかったのですが、D社ってまだいい方なの??
私ってD社グループしか知らないから…。
そうか、隣の芝は青いのですかね。

串カツ、イカ焼き。大阪ですよね。
Commented by 賽目 at 2007-06-22 23:05 x
うん、いい会社だと思いますよ、ぼくの印象としては。半官半民みたいな会社はぼくらのようなタイプ(といってよいのか、兄弟?)には、もう地獄です。「J」がつくような会社ですよ。いかさま官僚主義。

串カツ、チェコではじめたらけっこう受けそうだ。
Commented by suzu-perry at 2007-06-23 20:56
そうなんだ。いい会社なんだ。
中にいるととてもイヤな会社に思うのですが…。

串カツ、チェコではじめると受けそうですか??
え~~!行ってやっちゃおうかな??
by suzu-perry | 2007-06-14 23:15 | ひとりごと | Comments(8)