suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「和」とは…

大阪の阪南にあるSハウスの単独展示場「一乗庵」というところへ行ってきた。
d0066024_2111575.jpg


一見、木造住宅に見えるが、鉄骨住宅なんだな。
でも、コンセプトは「和」のようです。しかも、団塊世代に向けてアピールする「和モダン」と言われるもの。
d0066024_2105632.jpg

延床面積151.32m2というから約45坪なので、そのあたりの総合住宅展示場などは70坪を超えるところが多い中、小ぶりで現実味のある大きさでした。

私自身は見るにはいいけど、落ち着かない空間だった。住んでみると味わいが出るものかもしれません。

いわゆる半戸外空間というか、インターフェースというのかそういう空間が多いんです。

日本家屋のよいところが見直されると言う人もいるが、
d0066024_2191137.jpg

濡れ縁や本格和室というものは復活するのだろうか…。

ちなみうちには和室はない…(涙)
Commented by yoshiii at 2006-08-19 22:59 x
先日、D社の新商品が阪南にあるので、M主任といってきたとこです。ついでに「一乗庵」にいこうとしたけど時間切れで見れず。正確に言うとM主任だけ「一乗庵」に行ったが休みだったそう。

こうなると本末転倒というか、鉄骨ってなに?木造で最初から作ればいいのにという、単純な疑問が湧いてきます。設計者の気持ちがよーくわかりますが、冷静になって考えてみると、やっぱり無駄です。楽しようと思って車を買ったけど、たとえば買い物に行くのにそれを押して行く、ぐらいの無駄さ加減です。

これって平屋?
Commented by suzu-perry at 2006-08-20 10:40
>yoshiiiさん
ご無沙汰です。最近あまりブログを更新されてませんよねww

なんかすっきりしましたね。
確かに「無駄」を感じます。

こういうオーダー系の住宅というものは木造が一番適している。
だから、S社さんも高額住宅購入者は木造になってきているそうです。
はやりモノに工業化申請する意味はまったくないし、その枠組みを超えてやるほどのモノでもないというカンジですよね。

間取りの詳細はここでみれます。
http://www.sekisuihouse.com/liaison/modelhouse/ichijoan/index.html
一応勝手にリンクするなとHPにあるので、一定時期で消しますが…

最近、いかにもデザインされていることに飽きてきたりします。
幸せを描くというもの嘘くささを感じます。
「個」を見つめなおす時なのかもしれません。
Commented by 賽目 at 2006-08-20 20:18 x
いまぼくの住んでいる家は共産体制のときに造られた家です。同じようなスタイルの家がチェコのあちらこちらにあるので、一種の規格住宅だったのだと思いますが、よく考えられていて、住みやすいです。共産体制というと「貧しい」というイメージもありますが、住居に関しては日本よりも先を行っているように思います。ハタと呼ばれる別荘を多くの人が持っていますし。

80年代にヨーロッパにきたときはこちらの製品のデザインに目を見張ったものですが、いまは日本のほうがデザインされているものが多いですよね。センスも悪くないのだけど、でも「飽きてきている」というのも正直なところです。どうしてなのでしょう。たぶん図面だけのデザインだったり、デザインのためのデザインだったりするからなのでしょうね。
Commented by 賽目 at 2006-08-20 20:19 x

幸せという絵に描いたような餅をうそくさく感じるのもほんとうですね。日本的な幸せの描き方と、チェコ的な幸せの描き方は結構ちがっていて、思わず笑ってしまったりもします。うそがほんとうに透けてくるのですよね、よその国の幸せは。

「個」を見つめなおす時なのはたしかなんだろうな。このあたりのヒントはチェコにはたくさんあり、見習うことが多いです。家もわざと半完成品にして、内装や外構を自分でやったりして、楽しんでいます。このあたりのことをD社向けにまた書けるといいですね。
Commented by suzu-perry at 2006-08-20 23:54
>賽目さん
そうですよね。外国の家は何かシンプルで誰でも住みやすいように考えてありますよね。
かつて、江戸時代の日本の住宅もそうだったように思います。
なんだか、ブランドものに囲まれている日本人は逆に個性が失われているような気がしてならない。
チェコにヒントがあるならたずねてみたいなあ…
Commented by 賽目 at 2006-08-21 13:22 x
ブランドというのがこちらではあまり興味が持たれていないです。高くて買えないというのもあるけれども、ヴィトンとかもブランドというよりは、ブティックという感じで店を構えていますが、もっている人はアジア人ぐらいかな。アジア人はブランドが好きですね。

チェコに限らないとは思うけど、生活が質実剛健ですからね。チェコどうぞいらしてください。
Commented by suzu-perry at 2006-08-21 21:01
やっぱり海外生活っていいなあ…。
老後は日本を脱出したいものです!
Commented by yoshiii at 2006-08-22 09:08 x
suzu-perryさん、まいどです。
賽目さんはじめまして。

これって、2階建てなんだ。いちおう。
あと、ブログはあまりにしんどすぎて更新してませんでしたが、
ぼちぼち復活してますよー。

賽目さんはチェコにお住まいなんですね。
行きたいです。チェコ。
チェコのデザイン本がいろいろ日本でも出ていますね。
ちょっとしたブームといってもいいです。

うちの奥さんの、お父さん(6年前に他界されました)が、
チェコに留学していたことがあって、
一度は行きたいと思っています。
ビールを飲んで、戦前の絵本とかを発掘してまわりたいです。

ではでは。
Commented by suzu-perry at 2006-08-22 23:38
>yoshiiiさん
仕事はもう落ち着きました?
ブログ復活楽しみにしてますね!

賽目さんは防犯配慮住宅とか作ってくれたライターです。
今はチェコ在住。ヨーロッパ方向に取材などありましたら、頼んであげてくださいな。
とってもいい方です。
by suzu-perry | 2006-08-18 23:43 | ひとりごと | Comments(9)