suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Walk The Line

d0066024_0204079.jpgDVDの紹介です。
Walk the line
ジョニー・キャッシュの映画です。
2006年にロードショーされた映画がもうDVD化とはすごい早いですね。

最近はこういうミュージシャンの生き様の映画化というのが多いですよね。

これを見たときも「Ray」を思い出しました。

幼少の頃の仲のいい兄弟の死。
それをどこか自分の中に罪悪感を抱いたまま、音楽と出逢い、クスリにおぼれていく姿。

この時代の(ある意味いつの時代も)ミュージシャンの通る道なのかもしれない。

Walk the lineというのは、ジューンに「あんたたちは道をまっすぐに歩けないくせに!」と言われてつくった曲なのだろうか。

正直、すごい純愛だっただな…って思いました。
ジューンが死んだら、すぐ亡くなったんですよ。
本当に愛していたんですね。あのプロポーズのシーンは有名なんですってね。

有名人になるとある意味孤独なのかもしれません。

心に残ったのはサン・レコードの人がオーディションの時に言った言葉。
「車にひかれて死にかけて、あと1曲歌える時間だけ残っているとする。これが自分だという曲を歌ってみろ。」
そんな1曲って持っている人はいるものなんでしょうか。
by suzu-perry | 2006-07-21 23:31 | テレビと映画とアート | Comments(0)