suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最近思うんだけど…

昔、昔、中学生の頃、はじめてエアロスミスのジョー・ペリーを見て、
d0066024_2114158.jpg

「こんなカッコよくなりたい!」って思った。

ギターも弾けないのに、親にグレコの黒のレスポールを買ってもらった。
(まだおうちにあるよ。捨てられないもの!)

そのときは、私の頭の中には女ジョー・ペリーとして人前で演奏しているところを夢見たもんだ。

自分で、こんな風とか言いながら絵を描いたりしてね。


今、思い返してみると、実はギターを弾きたいのではなくて、ギターを持つカッコイイ自分になりたかったのかも?
なんと、ミーハーな…。

で、写真とはすごいもので、カメラマンの松木さんにとってもらったとてもカッコイイ写真がある。
今はこれがすごいお気に入り!
d0066024_20393978.jpg

なんか、ギター弾けてるカンジがする。
(ちなみにギターはフェンダージャパン。まだまだ私の腕ではUSAは買えない)
しかし、さすがプロのカメラマンだよね。

d0066024_20404019.jpg

これはね。今年のゴールデンウィークにやったピーチトリックのライブなんだな。
ババアになったということもあるけど、帽子やサングラスは欠かせないような気がしてきた。

だって、ないとこれだもの…
d0066024_20422979.jpg


ギターがんばると歌がおろそかになるけど、これはギターは必須アイテムになるように
練習しないといけないと思うsuzuさんなのだった。

やっぱり、カッコだけなのね…ガックシ。

でも、カッコは大切だよ。ロックンロール!!
Commented by こば at 2006-07-21 22:01 x
またお邪魔しました。

昔むかし、高一で初めて組んだバンドにN君というヴォーカルがおりました。当時ジギ-スターダストに夢中だったNは文化祭の初ライヴ前に嫌がる私たちメンバーをメイク道具持って追いかけ回したものです。(俺はミック・ロンソンだったのか?演ったのはストーンズやクリーム・・・)

彼らと別れて数年後ある友人から電話が。『新宿でさ、豹柄のパンツに毛皮のコート着て長~いスカーフ巻いた超目立つ奴が歩いてて、スティーヴン・タイラーそっくりで女の子に取り巻かれてた。スゲェ奴がいるなあ、と通り過ぎようとしたら、かっちゃん!久しぶり!って声かけられちゃった。Nだったんだよ。恥ずかしかったぜぇ』セミプロのバンドを渡り歩いていると風の噂で聞いていたNだったのでした。

カッコは大事というお話から、こんな昔話を思い出しました。

Commented by suzu-perry at 2006-07-22 00:16
>こばさん
コメントありがとうございます。
いつでも遊びにいらしてください!

Nさんのことすごい気になります。
豹柄のパンツっていうところだけですごい!
近況を知ったら紹介してください。

つーか、メイクをしたこばさん。見てみたい!!

ミック・ロンソン風のこばさんがもっと気になる…。
グラムロックもいいですよねえ~!
Commented by こば at 2006-07-22 09:48 x
メイクなんてしてないよ。逃げ切ったもん。

ロックンロールギターは弾いたつもりだけど、たかがエレキ持って半年くらいの15歳だからね。ショボイものだったはずです。

ロンソンはディランのローリングサンダ-でも外見的に一人だけ浮いてて楽しい奴です。

Walk The Line、見損なっちゃったのでDVD見てみます。流石サンレコード!言うことが凄いね。
Commented by suzu-perry at 2006-07-22 10:21
ロンソンってディランのバックもしてたんですか?
見てみたい!個人的にはルックスで浮いている人って好きなんです。
楽しいですよね。

15歳でクリームやストーンズ…。渋すぎっ!
いやあ、楽器は年輪を重ねると味は出ますが、才能は1年以内に出るもんだと思ってますよ。きっとセンスのいいギタリストだったはず。

を!サン・ミュージックでなく、サン・レコードでしたか!
訂正しておきます。1回ぱ~っと見ただけなんで…。
しかし、この時代のレコード会社はすごい!原石を磨きあげるテクニックを持っていると思いません?
Commented by 賽目 at 2006-07-22 17:37 x
たしかにみんな独自のスタイルもっていて、かっこういいんだよね。歌間違えちゃヤバイとか、コード間違えちゃいけないとばかり焦ってしまったぼくまどはほんとうに音楽の才能はないのだなあと思います(笑い)。
Commented by suzu-perry at 2006-07-22 23:25
>賽目さん。
とうとう白状しましたね。
やっぱり音楽やってたんじゃないですか!
下手の横好きでも続けている私のような奴もいます。
好きという気持ちはやっぱりすごいもんですよ。

でも、賽目さんの文章の才能も大好きです。
これもやはり感性ではないかと…。

それと事後報告になりましたが、賽目さんとZeroさんのブログをリンクさせてもらってます。
Commented by 賽目 at 2006-07-23 00:37 x
なんだか知らないけど、プロのミュージシャンに知り合いが結構いて、去年は娘が太鼓さん(原田俊太郎氏)のCDで歌を歌ったり、プラハに来たきっかけともなった音楽がらみの仕事の話があったり、まあ、いろいろありんす。もと仕事仲間なんていわずに、いまも仲間でいさせて(日本の仕事、いくらでもやりますんで…ペコリ)。
Commented by suzu-perry at 2006-07-23 00:55
>賽目さん
プロのミュージシャンに知り合いが多いのですか?
今度日本で飲むとき仲間にしてください。
もと仕事仲間の「もと」とっておきます。いやあ、プラハでもメールとネットがあれば日本の仕事もできますものね。
失礼しました~!
Commented by 賽目 at 2006-07-23 12:34 x
電話はスカイプなどを通じて、スカイプ同士ならただで電話できるし、日本の固定電話や携帯電話にも日本と変わらないか、安いぐらいのレートで電話できます。ファックスも受信についてはネット経由で日本国内と同じ値段で利用できます。EMSやDHLで、3日もあれば荷物も受け取れますし、値段もバイク便を手配していただくことを考えれば同じか安いくらいです。問題は会議や打ち合わせに出られないことくらいですね。すごい時代になったものです。
Commented by james1010k at 2006-07-25 06:42
毎度で~っす!suzuさん中学のときからロックやったんですね~かっこいいです!あたしもミュージシャンに憧れてベースギターに手をつけたことあったなぁ…なんて思い出しました(笑)ベースの音がめっちゃ好きで始めたけど続きませんでしたぁ(泣)でも音楽めちゃんこ好きです!ライブもめっちゃ好きです!suzuさんのライブ見にいってみたいです!なのでやめないでくださいね~っ(^^♪
Commented by suzu-perry at 2006-07-25 14:17
>賽目さん
スカイプかあ…。ホント世の中の進歩にはついていくのは大変です。ネットにカメラをつけて話する人が増えたとか増えないとかありますしね。
電話よりメールが圧倒的に増えたんだもの賽目さんは時代の先取りしてると思いますよ。

>tamaちゃん
ベースやってたの??
みんな音楽やってたこと白状しちゃうよね。
私は死ぬまでライブやりたい。老後は老人ホームでライブやってると思うよww
tamaちゃんに見てもらえるチャンスがあるといいな〜♪
by suzu-perry | 2006-07-20 20:44 | ひとりごと | Comments(11)