suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

『旅の終わりの音楽』

d0066024_10440.jpg 旅の終わりの音楽
エリック・フォスネス ハンセン (著), Erik Fosnes Hansen (原著), 村松 潔 (翻訳)
新潮クレスト・ブックス




長い小説だった。持ち歩いていると、「何?辞書持ち歩いてるの?」っていわれるぐらい。
タイタニック号の楽団員の生涯をフィクションで描かれている本です。
最初はノンフィクションかな?と思っていました。
でも、フィクションの方が著者のイメージが膨らんでていいと思った。

映画の「タイタニック」を見て、楽団員がとても印象的で、もっと音楽的に高尚な人たちなのかな?と思っていたら、音楽と人生がすごい悲しいような。
すごい知識になることも多い!
しかも作者は私より年下やん。
しかも作品としては1990年に発表されている。
天才やん。この人!
Commented by nickey at 2006-05-10 07:40 x
おはようございます〜ちょっとさぼってました。てへ!
面白そうな本ですね。がんばって読んでみようかな〜
私、「天才」に弱いんで。てへへ!
でも着々と読書すすんでられますね
私は昨日やっと「1リットルの涙」を買いました。
読み終えたらアップしてみます。

ところでバルコニーのガーデニング、ベゴニア復活よかったですね〜
私のところは冬に私の断水地獄に耐えきれず、
イチゴが死去なさいました。ううう。でも、もうひとつの
ワイルドストロベリーは、ふさふさになって、花も咲きました!
そして、種をまいたラディッシュは芽がぐんぐん成長中です!
ではまた〜
Commented by suzu-perry at 2006-05-10 22:46
nickeyちゃん。こんばんわ。てへ!ってかわいいねえ。
アタシが本読むのが遅くて、GWも音楽ばかりやってたので、3週間ぐらいかかって読みました。(なってないよなあ…)
1リットルは泣いちゃいました。母の手記なども出てるんでそちらも読もうかと思ってますよ。

やはりイチゴよりワイルドストロベリーの方がたくましいのでしょうか?
ラディッシュ美味そうだった!
Commented by nickey at 2006-05-11 23:04 x
suzuさんこんばんみ♪
1リットルは、今、三部作で書店に並んでいたので、
大人買いしちゃいました〜。
一気に読み進めるつもりです。

イチゴは、やはり、ワイルド故に、たくましいです。
このたくましさを学びたいものですわ〜。
ラディッシュ、かんたんなのでとてもおすすめです。
私は発泡スチロールの入れ物に(昔海産物が送られてきた空き箱)
横穴(水抜き用)あけて、土入れて2年目です。
簡単っていいこっちゃ!!です。
suzuさんもガーデニング好きならおすすめなのが
私のブログでも紹介していますが
「捨てるな、うまいタネ」という本。
食べておいしかった食物のタネを
植えてあわよくば収穫して恵みを授かろう!
という下心一杯の私の心をつかんではなさなかった本です。
うっふ〜どないでしょ。
Commented by suzu-perry at 2006-05-11 23:15
「捨てるな、うまいタネ」かあ…
そのタイトルだけにそそられるねえ。

ベビーリーフとかも楽しいらしいねえ。
芽が出るまではシャワーキャップをつけるといいらしい。
昔、バジルを山ほど育てて、食べ切れんかった思い出があるが、野菜は確かにいいですねえ。

発泡スチロールプランターは近所でもよく見かけますが、本来の断熱の効果もあってよさそうですね。
この夏はちょっと自前野菜にトライしてみるっす!
by suzu-perry | 2006-05-10 01:06 | | Comments(4)