suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

『妊娠カレンダー』 小川 洋子

d0066024_23161354.jpg『妊娠カレンダー』
小川 洋子 著

2月5冊目は小川 洋子さんの芥川賞受賞作品です。
「博士の愛した数式」を読んで、いいなって思って、yoshiiさんからのご推薦で読みましたよ。

私もこれを読んで、妹が妊娠したときのことを思い出した。
そう、この主人公が思う謎のようなもの感じました。出産前だけに帰ってきたから、つわりのひどさは分からないけど、精神不安定というやつ?涙もろかったりしてた。気の強いあの子がちょっとしたことで泣くのは少し驚きました。

女性って、しかも、初産っていろいろ大変なんだろうなって思う。
マタニティーブルーなんて言葉もあるぐらいだし。

でも、不思議と2人目からは普通でした。
思うに、最初の子のときは、母と未知の世界のおなかの子だけ…不安なのは最初だけなのかもしれません。

でも、小さな生き物ですら子孫を絶やさないように子どもってのは当たり前のように作るもんなんですよね。

「ドミトリー」と「夕暮れの給食室と雨のプール」の作品も入ってました。
「ドミトリー」はこれが数式へのヒントになったのかな?というところもあり、小川ワールドでしたよ。どんどん引き込まれていきました。
でも、消えた大学生はどこへ行ったのか。うわさの真相はどうだったのか。少し知りたい。
↑わかってないだけかな?

今月は月初に飛ばして読んで、安心してたら、今月は短い!!
もう1冊がんばるよん。
by suzu-perry | 2006-02-23 23:12 | | Comments(0)