suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

『考える短歌』 俵 万智

d0066024_1231581.jpg
『考える短歌』
俵 万智 / 新潮社
満足度:★★★

新潮社の「考える人」では俵さんが添削してくれるらしい。
2月4冊目は上司が貸してくれました。
私は短歌などとは縁がないと思っていましたが、読んでみるとなかなか面白い。

そういえば、今はやってないけど、バンドでオリジナルを作るとき、詩をつくってたんだよ。
今から考えるとすごい稚拙なんだけど。
これを読んで感じたことは…

「言葉にも奥行きというものがあるのね」

ということでした。
仕事上、コピーが持つすごさってわかったつもりだったけど、あれも才能だと思っていたんですが、結構コツもあったんだ!

私が書くどころか、読むこともちゃんとできてなかったんだと思い知らされた一冊。

実はこの1冊は結構読み終えるまで、時間がかかりました。
小説のようにすらすら読めるものではなく、「考える短歌」ですから!
考えながら読んだんですよ。
歌をつくるとき、単に自分の中にある気持ちを文字にしただけでは、自己満足にすぎず、自分のこの気持ちを正しく伝えるには考えておかねばならないルールがあるんですね。

それはブログやメールをしてても、「言葉」の難しさはわかりましたが。
コメントや返信を見てはじめて「あれ?アタシの思いって勘違いされてる!」なんてことあるのよ。

何を伝えたいか、それを31文字の中に集約する難しさ。
しかし、長文と違って、31文字だから、一瞬で目に飛び込んでくる。
伝えたいものは何なのか。

久々に歌でもつくってみようかと、元気をもらった本でした。
by suzu-perry | 2006-02-18 12:01 | | Comments(0)