suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

読書感想文「父よ、」盛田隆二著

5月は何だかドタバタしていて、ハッとこの本読み忘れてる!と手に取った昨日。
ほぼ、ぶっ通しで3時間ほどで読めてしまった。
d0066024_15134227.jpg
介護日誌ということで、なんだか重い気分になるかと思っていたけれど、それは作者のすごいところですね。淡々と最後まで一気に読めました。

最後の胃瘻(いろう)のところは本当に考えさせられる。
自分でわかっているなら多分選ばない選択。
でも、それは自分がいま健常者だからそう思うことなのかもしれない。

そして、痴呆症についてはいろんな方の顔が浮かんでしまった。
いつか自分もそうなるんだろうかと恐怖も感じた。

作者自身も不安から「うつ」になったとき、「うつ」っていうのは現実から逃避したいときに身体がそうなるんじゃないかと思った。

あと、愛のカタチについても最後にはホッとするというか、「愛」についてアピールする人ほど愛情がないのかもしれない。それぞれの愛については本当に定義なんてないんだなぁ。
終の住処は長年住んできた愛着のある家なんだろうと思うけれど、素晴らしい介護士のそばなのかもしれない。看取りというのは生まれてくるところに立ち会う以上にすごいことなんだ。

命を大切にすることに対して、本当に考えさせられた一冊でした。

北山さん、この本を出していただいてありがとうございました。

この本はもちろん買っていただいて読んでいただけるとありがたいですが、Nine Livesにも1冊あるので貸し出ししますよ。

by suzu-perry | 2016-06-08 15:23 | | Comments(0)