suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

信頼できる医者とは…

私は実は入院したこともなければ、大きい手術したこともない。
幸せな人間なんだろうけど…。

病気で悩んでいる人がいたら、怒られるかもしれないけれど、一度ぐらい入院してみんながお見舞いに来てもらえるっていいだろうなって思う。

働きすぎとかがんばり過ぎとか心配してくれる友達もいて、私ってホントラッキーですよね。しかし、がんばってるという自覚症状が無い…。
とか言いながら「憎まれっ子世にはばかる」ともいうよな。
気をつけよう。

私のウィークポイントは実は、喉と皮膚なんだな。

風邪もめったにひかないけど、乾燥とか疲れが重なると必ず腫れるんだな。でも、耳鼻咽喉科で信頼している医者がいるから、しかも会社の近所だからとても安心。
「ヤバイ」と思ったら、即病院へ行く。しかも町のお医者さまだから、そんなに混んでない。
ここの先生は結構年配なんだけど、知る人ぞ知る名医らしい。
花粉症なんかもなおった人がいるとかいないとか。

診察の時も余計なことは何も言わない。ただ治療に専念して、「ここが腫れてます」と喉の断面図などで軽く説明して、簡単に薬の話をして終わり。内科なんていってたら薬だけ飲んで、1週間は辛いような症状でも1,2日で完治する。まあ、喉が原因なのに内科行く方も悪いけど、医者だったら、耳鼻咽喉科にも行ったほうがいいとかアドバイスくれてもいいとも思う。
でも、先生信頼してるからさあ、長生きしてね。辞めないでね。ホント。

でも、東京では皮膚科の名医はまだ見つけてないのよ。
誰が知ってる人がいたら教えて欲しい。

大阪ではいたのよ。でもね。皮膚科ってホラ、「性病科」もあるじゃない!
行きにくくてね。受付で誰も聞いてないのに、「あのー!皮膚の調子が悪くて!」なんて叫んでるわけ…。でも、その医者行って、長年悩んでた皮膚がよくなったんだな。なんと漢方薬が私に合ったようで。

私は総合病院があんまり好きじゃない。
なんか、サンザン待たされる自体、テンション落ちるしね。
挙句の果て、皮膚科では「魚を食べなさい」とだけ言われて、高い石鹸を買わされて、何もよくならなかった。でも、西洋医学だとどこでもそうみたいです。

お医者さまも大変だと思いますが、いい医者というか、自分にあう医者を探すのはホントに大変な作業ですよね。
Commented by すんころりん at 2005-12-10 20:50 x
こんにちは、東アドNちゃんです。一段落して、いただいた招待状やっと開くことができました。私も喉がとにかく弱いのですよ!月の半分は喉がうっすら痛いのがいつもの体調という有様です。私も以前喉が腫れて内科に行ったとき先生に「喉が痛い時は耳鼻咽喉科で診てもらった方がいいんだよ」と教えてもらい、今では内科より耳鼻咽喉科に通う回数の方が圧倒的に多いです。家の近所に「小田耳鼻咽喉科」というおばあちゃん先生がやっている町医者で、ずっと診てもらっているのですが、名医なんですよ〜。大学病院から紹介されてくる患者さんいるんです。建物は昭和のお風呂屋みたいなんだけどチリひとつないところも気に入ってます。私の喉と気管支が弱いのもよく分かってるので便利?です。カエルさんも書いてたけど、長生きしてもらわなきゃ困ると私もいつも思ってます。
Commented by suzu-perry at 2005-12-11 03:12
>すんころりんさま

昭和のお風呂やさんのような耳鼻咽喉科!
行ってみたい。やはり調布にあるのですかね?
私が行っている「道下耳鼻咽喉科」が閉まるような事態になったら是非紹介してね!
また、「おばあちゃん」だってのがいいですよね!
by suzu-perry | 2005-12-02 23:51 | ひとりごと | Comments(2)