suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Amazing Grace

映画の『Amazing Grace』を観ました。

この曲は有名すぎるので、知ってはいましたが、バックボーンとかは知らなくて歌詞の意味もしらなかった。

映画は2006年のイギリスの映画です。
日本では2011年に上映されたようです。
奴隷貿易廃止に貢献したウィリアム・ウィルバーフォースの半生を描いた映画で、私も子どもの頃にRootsってTVドラマを観たので、アフリカの奴隷制度については知っていたつもりでいたのですが、今観ると違うものですね。
この歌は奴隷船の船長だったジョン・ニュートンが作詞した賛美歌だということです。


Amazing grace

Amazing grace, how sweet the sound
That saved a wretch like me
I once was lost, but now am found
Was blind, but now I see.

「アメージング グレイス」
なんという優しい響き
こんなにけがれた私をも救ってくださった
暗闇を歩いていた私に神の御手が差し伸べられた
盲人に一筋の光が与えられたように

'Twas grace that taught my heart to fear
And grace my fears relieved
How precious did that grace appear
The hour I first believed

神の恵みは私の心の恐れを取り去り
受けとめてくれた
信じた瞬間,この恵みの素晴らしさが
私を取り囲んだ

Through many dangers, toils, and snares
I have already come
'Tis grace hath brought me safe thus far
And grace will lead me home

多くの患難,誘惑をへて
私はここに辿り着いた
神の愛が私をこんなに平安で清い世界へと
導いてくれた
帰るべき家へと辿り着いた

The Lord has promised good to me,
His Word my hope secures;
He will my shield and portion be,
As long as life endures.

神の約束
神は全てのことを益とする
御言葉は私の志を固くたたせ
命が続く限り盾となって私を守り
共に歩んでくださる

Yea, when this flesh and heart shall fail,
And mortal life shall cease,
I shall possess, within the veil,
A life of joy and peace.

この地上での命が朽ち果てようとも
私は神の子であり
喜びと平安の覆いが私を包む

The world shall soon to ruin go,
The sun refuse to shine;
But God, who called me here below,
Shall be forever mine.

この世界が滅び
太陽が輝きを失おうとも
神は私を呼び給う
とこしえまでも私は神のもの

When we've been there ten thousand years
Bright shining as the sun
We've no less days to sing God's praise
Than when we first begun

私達は神の計画のうちに
1万年もの間,輝き続けている
太陽とともに
いつまでも,いつまでも神の恵みを歌い続けよう

映像と歌詞が違います。
訳はこちらから引用させていただきました。
http://www.geocities.co.jp/MusicStar/3875/amazing.html

映画版の歌詞
Amazing Grace (My Chains Are Gone) by Chris Tomlin
Amazing grace
How sweet the sound
That saved a wretch like me
I once was lost, but now I'm found
Was blind, but now I see
'Twas grace that taught my heart to fear
And grace my fears relieved
How precious did that grace appear
The hour I first believed
My chains are gone
I've been set free
My God, my Savior has ransomed me
And like a flood His mercy reigns
Unending love, Amazing grace

The Lord has promised good to me
His word my hope secures
He will my shield and portion be
As long as life endures

The earth shall soon dissolve like snow
The sun forbear to shine
But God, Who called me here below
Will be forever mine
Will be forever mine
You are forever mine

奴隷船の船長だったジョンが船で何を見て、何をして、何を思ったか、この映画を観ると切ないほどわかります。
映画の中で「俺たちが猿で、彼らが人間だった」という台詞があるのですが、その言葉で集約されると思いました。
この曲はそんなに軽はずみに歌えるものではないと再認識でした。
Commented by こば at 2013-07-22 05:59 x
suzuちゃんの載せた訳詩が定番のようだけど、ちょっと原詞から離れすぎなところがあると思う。俺がいいと思うのはこっちの訳。

http://www.geocities.co.jp/MusicStar/3875/amazing.html
Commented by suzu-perry at 2013-07-22 12:31
★こばさん
最近はなかなか落ち着いてブログが書けなくて…。
でも、これは記録しておきたいと思ってささっとコピペしちゃったんですけど、私も「なんか違うなぁ…」と思っていたです。
映画の字幕をそのままいただこうと思ったのですが、すでに録画も消してしまい…。

リンク先のを見て、やっぱり直訳の方がいいですよね。
いつも自分で載せるときは意訳になっているところは自分なりに考えなおしているので、時間のある時に直しますね。
by suzu-perry | 2013-07-20 03:47 | テレビと映画とアート | Comments(2)