suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お世話になった方の訃報

買い出しに行って、お店に戻ると携帯電話に懐かしい人からの着信があった。

仕事をしていた時代にとてもお世話になったスタイリストのKさん。
すごく懐かしくなって、すぐに電話した。

suzu:「元気だったぁ?私はなんとかやっているよぉ」
と楽しい会話をしたら、突然声が変わった。

Kちゃん:「あのぉ、突然でビックリするとは思いますが…」

あ、もしかして会社を辞めるのかな?と思ったら…。

Kちゃん:「Nさんが12日に癌で亡くなって、お葬式は密葬だったんです」




…突然の事に、目の前が真っ白になった。
まだ50代半ばだったと思う。
仕事ですごく助けてもらって、撮影の時にはいろいろ教えてもくれた師匠のような方だったのだ。
しかも東京に来てからは出身が二人とも大阪ということもあって気があった。

ライブの時には駆けつけてくれて応援もしてくれた。

最近ではお店オープンしてから2回も来てくれて、音楽関係の友人を連れてきてくれた。
まだまだいっぱい紹介したい人がいるから連れて来るね。って年末にも言ってくれた。

それから3カ月も経っていないというのに。

思い出すと涙が溢れそうになりながら、お店の準備をした。
今日はNさんに献杯して、私にできることは歌を捧げようと決心したのです。

まるでNさんが呼んでくれたかのようにお店はいつもより賑やかで、Nさんを知らないのにみんな一緒に献杯してくれた。
それから、私が歌うと一緒に追悼するかのようにシーンとしてくれた。
d0066024_12223080.jpg


それから、そんなに湿っぽくならなくて、すごく楽しい1日になった。
「大丈夫、応援してるからお店頑張ってね」
そう言ってくれているようだった。

Nさん、本当にいろいろありがとうございました。
身の丈以上の仕事をさせてもらったのは貴方のおかげです。
欲を言えば、最後に会いたかった。

ご冥福をお祈りします。
私が天国に行ったら、また会いましょうね。
Commented by こば at 2013-03-20 15:22 x
悲しいことだけど、周りにそういうことが増えてくる年代になってしまったということですね。生きている者たちが懸命に人生を楽しんでいることがせめてもの供養になるのでしょう。今日はお彼岸。

俺も昨夜先輩の退職慰労会をやった帰りに、若い者から『次は小林さんの退職時ですね』と言われちゃた。急に間近にせまってきちゃった感じだなぁ(>_<)
Commented by suzu-perry at 2013-03-21 10:07
★こばさん
そうですよね。
だんだん増えてくるのですよね。
でも、今回のおかげで連絡を取り合う方々もいて、それが嬉しかったりしました。

退職っていう言葉も近づいてきますよね。
前の会社は65歳に延長されましたが…。
by suzu-perry | 2013-03-19 23:06 | ひとりごと | Comments(2)