suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Carole King:Way Over Yonder(1971)

3拍子の曲にはなんだか祈りみたいなものを感じる。
この曲もそのひとつ。

これもMaruでリクエストを受けた曲で最近、練習をし始めたのですが、かなり難しい。
譜割ももちろんのこと。この祈りのように英語を歌うのは本当に大変なんです。

この前のJames Taylorとの日本公演でもやりましたが、魂から歌っている感じです。
Caroleの歌が本当にすばらしい。
yonderが天国じゃないかな?とも思えてしまう。

でも、死を意味するものじゃなくて、なんだろう意識か、魂が高いところにいくというイメージ。
聴くほどに深みのある曲です。

邦題は「幸福な人生」なんですが、なかなか若いころにはわからなかった。
…っていうか今が深読みし過ぎかな(笑)

日本公演と同じものはなかったのですが…似たような映像があったのであげておきます。




Way Over Yonder    : Carole King

Way over yonder is a place that I know
遥か彼方は私の知る場所
Where I can find shelter from hugner and cold
そこでは飢えも寒さもないシェルターがみつかる
And the sweet tasting good life is easily found
そして甘くて幸せな人生が見つかる
Way over yonder - that's where I'm bound
遥か彼方、そこは私が向かう場所

I know when I get there, the first thing I'll see
わかるわ。そこに着いたら、最初に見る物がなんなのか。
Is the sun shining golden - shining rigth down on me
太陽は黄金に輝き、私に降り注ぐ
Then trouble's gonna lose me - worry leave me behind
それから悩みは私を解放し、苦労は私から離れていく
And I'll stand up proudly in true peace of mind
そして、私は自信を持って立ち上がる。真の心の平和に。

Way over yonder is a place I have seen
遥か彼方は私がかつて見た場所
In a garden of widsom from some long ago dream
ずっと昔の夢の中の賢者の庭に

May be tomorrow I'll find my way
たぶん明日にも私は自分の道を見つける
To the land where the honey runs in rivers each day
毎日川に蜂蜜が流れる国へと向かう
And the sweet tastinggood life is so easily found
Way over yonder - that's where I'm bound
Way over yonder - that's where I'm bound
Commented by こば at 2011-08-02 05:59 x
おお、アメリカ公演の円形回転ステージ!

シンプルがゆえに演るとなると難曲だ。いい加減な気持ちではできないハードルの高さがあるよね。

うん、武道館でのCaroleも魂がこもった力強い歌だったね。抑えたバッキングとともに俺にとっては前半のハイライトだった。泣けた(何度も泣いたけど 笑)。

やはり生まれながらに身についてるキリスト教的背景が書かせる歌詞なんだろうけど、ひょっとしたら単にゴスペル的な曲を書いてみたいというCaroleの職業作曲家意識がなした技かも知れない。

どちらにしても、すべてをパーソナルなレベルに引き寄せて、手間や愛情をかけて、それこそ『紡ぎあげた』アルバムが『つづれおり』なのだと思います。やっぱり俺には特別な存在だな。
Commented by suzu-perry at 2011-08-02 09:05
★こばさん
名曲ほど、創るのに労力を必要としていないのかもしれませんね。

聴く側に委ねられているように最近は感じたりしてます。

つづれ織りはキャロルの想いが詰まったアルバムなんですよね。
武道館の演奏は本当に最高でしたよね。
若い頃よりも(映像でしか観てないけど)、歌に芯を感じます。

また生で観たいですよね~( ̄∀ ̄)
by suzu-perry | 2011-08-01 23:27 | 今日の一曲 | Comments(2)