suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Ronnie Wood

今日も誕生日シリーズですよぉ。
FacebookでThe Rolling Stonesを「いいね!」してて、そのストーズのサイトからのコメントで、今日はRonnie Woodの誕生日であることを知りました!64歳になったそう!ボンゾより一つ年上ですね。
d0066024_0175487.jpg

私が思うに、この人ほど控え目な人はいないですよね。

Ronnieは最初Jeff Beck Groupの、何とベーシストだったそう。その時のボーカリストはRod Stewart。
BeckとRodはくっついたり離れたりして、予想どおり、けんか別れ。RodについていったRonnieはThe Faces(フェイセズ)のメンバーとなりギタリストとして有名になった。私が知っているのはここからですよね。
当時はRodとRonnieの区別がつかなかったぐらい(笑)

ブリティッシュ・ロック・シーンにおいてFacesは金字塔だったようですがアメリカではダメだったようですね。それに若き日のRod Stewartの独裁ぶりでメンバー脱退が相次ぎ、75年にはついに解散。そんなRonnieに声をかけたのが、Jeff BeckでThe Rolling Stonesに加入するとこになる。

The Rolling Stonesはその頃リードギターのMick Taylorが脱退して困っていたそうですが、Stonesにおけるリードギターの位置づけは難しい。絶対的存在のKeith Richardsがリズムギターの形で確立しているだからのよう。このスタイルはそもそもバンド結成当初はKeithやMick Jaggerより上位にいたBrian Jonesがリードを取りたがったから、その原型が固まったみたいですね。

実は最初、StonesからはBeckに声がかかったらしいのですが、断る代わりにRonnieを紹介したみたい。それが1976年。で、正式メンバーになったのは93年…。耐えましたよね。すごいと思う。

RonnieはかつてはBeckとRodに翻弄され、StonesにもMickとKeithがいる。この2人どちらがかけてもバンドはあり得ないもの。その中でメンバーとして認められるまでになるのに17年。すごいです。

なんだろ、主役にはなれないけど、自分の立つべき位置に居続けるとこういう風に認められるのか…と、ある意味バンドの中ではこんな人物になりたいと思う人ですよね。

今はRolling StonesのRonnie Woodとして誰しもが認める。そしてRodがアンプラグドでライブやった時にはすばらしいギターを弾いてみせる。
これからもかっこいいギタリストでいて欲しいですよね!!

Stay with meもいいよね!
Commented by さいのめ at 2011-06-02 03:26 x
ロン・ウッドさんはえらいと思います。必殺仕事人だよね。こういう人になれたらと思いながら、ついブライアン・ジョーンズさんに惹かれたりもします。そんなところがストーンズのおもしろいところだよね。

あ、今度会ったら、イギリス人に聞いたチャーリー・ワッツさんのおもしろい逸話を、横尾さんによる細野さんの話と合わせて聞かせますね。
Commented by こば at 2011-06-02 06:35 x
愛すべき下手うま!

Fuji RockにFacesとして来るんでしょ。ボーカルは元Simply Redの奴らしい。みんなRodのイメージで聴くから、ハードル高そうだねぇ。
Commented by suzu-perry at 2011-06-02 08:08
★さいのめさん
ホントにねぇ…
仮にもフェイセズでリードギターやってたのにって私ならブチ切れます(笑)

しかもStonesに風化していってる( ̄∀ ̄)

ダリル・ジョーンズがメンバーとして認められる頃にはバンドは健在何でしょうか(笑)

話楽しみです!
日本に帰って来る時は連絡くださいね!
Commented by suzu-perry at 2011-06-02 08:13
★こばさん
Fuji rockに来るんですか?
Rodじゃないとハードル高そう…
でも、若者たちなら受け入れるかもですね!
一度行ってみたいけど、私にとっては現地に行くのがハードル高いっす(爆)
Commented by さいのめ at 2011-06-02 09:16 x
あのベースのお方がダリル・ジョーンズさんというのをはじめて知った・・・(笑い)。一生懸命に弾いているのに、やっぱりビル・ワイマンのおもしろベースのほうが好きだったりするんだよなあ。

日本行きはたぶん来年の春から初夏かな。また本を書いていて、それができあがったらいきまする。
Commented by suzu-perry at 2011-06-02 11:46
★さいのめさん
ダリル・ジョーンズも1993年からツアーメンバーだし、CD制作時にはずっと参加しているので、考えてみるともう18年なんですよ。
でも、音楽に詳しい方のさいのめさんさえ、「知らなかった」なんですね。

そういうストーンズってすごいというのか、可哀想というのか…。
まだロン・ウッドの方が幸せなのかも(笑)

来年ですか…だいぶ先ですね。
話題を忘れてしまうかも(笑)
ここで小出しにしてもいいですよ。
Commented by さいのめ at 2011-06-02 15:40 x
人の名前があんまり覚えられないのだよ。。。これはもう病的かも。「あの人の名前はなんだっけ??」と四六時中やっている(笑い)。


Commented by suzu-perry at 2011-06-02 21:06
★さいのめさん
いえいえ、ダリル・ジョーンズを知らない人は多いと思います。
私も人の名前を覚えるのが苦手です。
「はじめまして!!」って言うと。「前に会ってますよ」とよく言われます。気をつけたいですよねーーー!
by suzu-perry | 2011-06-01 23:55 | 音楽 | Comments(8)