suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

England Dan & John Ford Coley

今年もいろんな方にいろんな音楽を教えてもらったのですが、今年最後にいただいたのはこの方たちのベスト盤でした。

とってもさわやかな感じのサウンドでした。
カントリーなんですかね。テキサス出身の二人のようです。

I'd Really Love to See You Tonight
邦題を秋風の恋というみたいですね。


トッド・ラングレンの曲のカバーもあるようです。
Love is the Answer


England Danって昨年亡くなっていたんですね。
ギターを弾いている方がダンさんなのでしょうか。

こういうピアノだったらアコースティックにも合いそうですね。
Commented by こば at 2010-12-31 09:29 x
今年もお疲れさまでした。

この邦題は何で『秋風の恋』なんだろね(笑)これは自作ではないしPOP過ぎてあんまり好きじゃなかったな。76年の全米ヒットだ。

俺が好きだったのは72年の日本(とフランス)だけのヒットSimone(シーモンの涙)。こっちもyoutubeにあるよ。

ピアノの方がEngland Dan Sealsです。Summer BreezeやDiamond Girlで有名なSeals & CroftsのJim Sealsの弟だ。Beatles好きが高じて英国なまりの発音で歌ってたことでこのあだ名になったらしいよ。

Seals & CroftsはプロデューサーがギタリストLouie SheltonだったことでLA人脈のバックがついてて、ちんさまは大好きみたいです。

今年は正月もずっと東京にいます。よいお年を。
Commented by suzu-perry at 2010-12-31 10:41
★こばさん
今年は東京なんですね。

こばさんって知らないミュージシャンっていないんですね。
ビートルズ好きで英国なまりだったのですね。

wikiで調べるとテキサス出身とあったので不思議な感じがしていたのですが(笑)

私が知らなさすぎなのかもしれませんが、今年もいろいろ教えていただいてありがとうございます。
こばさんのコメントのおかげでだいぶ音楽のことわかるようになりました!
来年もよろしくお願いします。

よいお年をお迎えくださいね^^
by suzu-perry | 2010-12-30 23:32 | 音楽 | Comments(2)