suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Jeff Beck live @東京フォーラム

あ、まず、shinbaさん!誕生日おめでとう!
今年は絶対いい年になるよ!なるよ!
笹にお願いしておいたから。奈良から大阪おつです!

行ってきました!Jeff Beck!
もー、すんごいよかった。すばらしかった!
私はテク的なものはわからないので、ハーモニクスとかヴァイオリン奏法とか指で弾くとか。
(チューニングもハーモニクスでできないし)
ライトハンドはちょっとだけわかる!(弾けないけど…)

バックミュージシャンはすごいメンバー
ヴォーカル:ジミー・ホール
(ジェフ・ベックの85年作『フラッシュ』で共演し、グラミー賞のベスト男性ロック・ヴォーカリストにノミネートされました。)
ベース:ピノ・パラディノ
(記憶に新しいのは昨年のロックオデッセイでthe whoのベーシストとしてエルトン・ジョンやフィルコリンズなどのバックもこなすスタジオミュージシャン)
キーボードにジェイソン・リベロ
(スティングのバックミュージシャンとして有名。とにかくすごいプレイだった)
ドラムスにヴィニー・カリウタ
(これまたすごいドラマー!セッション・プレイヤーとしてはスティング、スティーリーダンからBBキング、レイ・チャールズまで数えたらきりがない)

ジェフのギターはなんというか!「歌のように奏でていた」という表現が一番近い。
ルックスもサウンドも70年代のままだし。(でも進化してるけど)
間に5分休憩とかいって2部構成でしたが…

蒼き風 とかもう鳥肌立ってしまった。
あと、ジミヘンのカバーでヘイ・ジョーも驚いた!ヘイ・ジョーが彼のギターで聴けるなんて(涙)
最後のover the rainbowなんてこんな風に弾けるのは彼しかいないって感じでした。
(私はクラプトンのより断然よかった)

平均年齢は高いライブでしたが、初ジェフ・ベックはサイコーだった。
Commented by ココペリ at 2005-07-06 17:13 x
Red Boots思いっきり間違えてたね。
アンコールで入ってきた女性はジェニファー・バトンだって。
マイケルジャクソンのバックバンドにいたらしい。
by suzu-perry | 2005-07-05 23:30 | 音楽 | Comments(1)