suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Sentimental Lady @Bob Welch

またもや大好きなテレビ番組「コールドケース」を見ていて、私の大好きな1977年のケースですよぉ。
音楽が楽しみぃ!!…と見ていたら、またもや懐かしい曲が。
なんだったっけ?この曲と思っているとエンディングだったので、ピックアップソングと称して解説がはいるんですよ。

コールドケースは親切で、全BGMのリストがのっているんですよ。
気になればすぐチェックできるんだな。

で、その曲はというと…
ボブ・ウェルチのSentimental Lady
d0066024_1392634.jpg
確かギターはリンゼイ・バッキンガムで、バックコーラスはクリスティー・マクビィーなんですよ。あ、ドラムもミック・フリートウッドかあ。

当時も思ったけど、このジャケットはなんか好きじゃないんだよね。
声が透明感あるのに、ルックスがエロなはげオヤジって感じなんだ。
…って、本人が聞いたら怒るよね(笑)


歌詞については、彼の最初の妻 Nancyのことを書いたみたいですね。

Sentimental gentle wind
Blowing through my life again
Sentimental lady
Gentle one

なんて、未練を感じますねーーー

この曲はFleetwood Macヴァージョンもあるのですね。
Commented by こば at 2010-09-01 21:38 x
>エロなはげオヤジ

ん?

>バックコーラスはスティービィー・マクビィー

おっと、2人をくっつけちゃったね(笑)

この曲、全然興味なかったけど例の10枚組で知った。
なんともヤワな曲だね。80年代っぽいなぁ。Welchってきっとアメリカ人でしょ?

マックにとっては彼の存在こそが売れないブルースバンドから売れるポップバンドへの転換点だったのですね。Welchの置き土産なしにはFantasticもRumorもなかったと思う。
Commented by suzu-perry at 2010-09-01 22:40
★こばさん
また、人名間違えた~~~!
すいません。早速修正しました。

「エロなはげオヤジ」って世の中にいっぱいいそうですよね。

なんともヤワな曲です(笑)

彼の存在がマックに変化を起こしたのですね。
ブルースバンド時代のファンにはうらむべき相手ですね。
by suzu-perry | 2010-08-31 23:05 | 今日の一曲 | Comments(2)