suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Dusty Springfield

1999年の2日前の3月2日にDusty Springfieldが乳がんで亡くなったそうです。
59歳だったそう。

若くして亡くなったのですよね。
なんだかもっと年配なのかなと思っていました。

最初この名前を聞いた時男性かと思った。
でも、きれいな女性だったんですね。

実はイギリス出身なのですね。アメリカの方かと思ってました。

私が知っている彼女の歌は1曲なんです。
I only wanna be with you


1963年のヒット曲です。
私が生まれる前ですね。

私がこの曲を聞いたのはベイ・シティ・ローラーズのカバーでした。

youtubeでいろいろ観ていたらなかなかいい感じだったのですね。

最近はこういうの結構好きだったりします。
Commented by okuyama_cg at 2010-03-06 02:25
彼女の歌では「Spooky」が大好きです。何かのCMにも使われたんじゃないかな。Atlanta Rhythm Sectionのバージョンもかっこいいです。
これも録音しておきましょう(笑)。
Commented by suzu-perry at 2010-03-06 10:14
★okuyamaさま
おはようございます(^-^)/

この時代の音楽は歌い継がれる名曲が多いので、オリジナル以外で聞くことも多いですよね(*^ー^)ノ

楽しみです(≧▽≦)ゞ
Commented by こば at 2010-03-06 13:00 x
先日紹介したJossがライブで歌ってたSon of a Preacher Manのオリジナルシンガーだね。以前名盤ダスティー・イン・メンフィスのお宝bonus満載のデラックス版差しあげてなかった?

同時代のLuLuから現代のAmyやJossへと脈々と受け継がれるイギリス人女性ソウルの源流になった大歌手でした。

ボサノバっぽく謳うけだるいスタンダードなんかもいけるんだ。
Commented by suzu-perry at 2010-03-06 19:11
★こばさん
いただいた音源はiPodに入っているので、手元にはないですねー(=^▽^=)

お宝満載とは素晴らしいですね。

キャデラックを見て、あの時代の音楽もヒップホップとして生きかえったりして、すごいですね♪

機会があったら聴かせてくださいねー。
Commented by こば at 2010-03-07 06:43 x
イン・メンフィスはエルビスと同じバックのアメリカンスタジオ録音だからねぇ。これに触発されてシェールはマッスルショールズで録音する。この2枚は姉妹のようなアルバムだね。

bonus部分には74年頃のフィリー録音が2曲あって、お蔵入りしたのが信じらんない素晴らしい出来なんだ。

今度ね。
Commented by suzu-perry at 2010-03-07 20:33
★こばさん
それは楽しみですね。
私もだいぶこばさんの言っていることがわかるようになってきました(笑)

こばさんもとうとうライブが今月ですから忙しいでしょうけど、遊んでくださいね♪
by suzu-perry | 2010-03-04 23:11 | 音楽 | Comments(6)