suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

How deep is your love by Bee Gees

明日はなにやら、しし座流星群が見えるようですね。
晴れるといいですよね。

流星ってなんかロマンティックですよね。


ロマンチックといえば、この前のPush☆UP!ライブでもやった曲なのですが、
今日の1曲はビージーズの邦題「愛はきらめきの中に」です。


これもね。

1977年に映画「サタディナイトフィーバー」で起用された曲なので、当時は邦題しか知らなかったのですが、
ビージーズのハーモニーがまさに「きらめき」だったので、イメージ的にピッタリだな…と思っていたのです。
今さらながら原文を見てみると、これまた不思議な邦題ですね。

まさにビージーズのハーモニーのイメージでついた邦題ではないかと思ってしまう(笑)

ビージーズは2003年に、モーリス・ギブがなくなった時にどこかで書いたようなきがするのですが…。ギブさん家の3兄弟が子どもの頃から遊びがハーモニーだったという、まさに天才的なハーモニーグループですよね。
兄弟だけあって、声質もバッチリですから。しかも、モーリスとロビンは双子ですからね。

カバーは今まで1996年にTake thatが、日本ではサーカスがしているようです。
さすがに難しいから、カバーも少ないのかな?
私の記憶ではレッチリのJohn Fruscianteがギター1本でカバーしていたのが印象的でした。

よくもまあ、そんな難しい曲にチャレンジしたものです。

1977年のクリスマスイブにぜんべいNO.1になったということでとてもロマンチックな歌詞です。
すごく愛の深さって気づいたときにうれしいよね。って伝わってくる感じです。

「どんなにあなたの愛が深いか」

朝日の中の貴女の瞳を知っているよ
雨の中でも貴女が僕に触れるのを感じる
そして貴女が僕から遠く離れた瞬間に
貴女を僕の胸の中に感じたいと思う

貴女は夏のそよ風とともにやってきて
貴女の愛で僕を温かく包んでくれる
それからそっといなくなるんだ。
きっと僕が貴女の愛がどんなに深いかってことを示さなきゃいけないんだ。

とても深い貴女の愛。
とても深い貴女の愛。
僕は本当に学びたい
僕たちの暮らすこの世界はそっとしておいて欲しいときに
僕らを傷つけるバカばかりだから
僕らは貴女と僕だけのもの。

僕は貴女を信じている
貴女はもくの心の奥の扉をしっているよね。
貴女は僕の深く暗い時間を照らす光なんだ
僕が落ち込んだときの救いなんだ

そして貴女は僕が貴女のことを気にしていることを知らないかも。
僕が本当にしたいと心の底に気づいたときには。
きっと僕が貴女の愛がどんなに深いかってことを示さなきゃいけないんだ。
Commented by こば at 2009-11-18 18:11 x
名曲だねぇ。Stayin AliveだとかNight Feverは好きじゃないけどこれは好き!

オジサン世代にはBeeGeesと言えばやっぱり『マサチューセッツ』と『ニューヨーク炭鉱の悲劇』です。他にも名曲はたくさんあるなぁ。『小さな恋のメロディー』もあるしね。

意外と黒人歌手によるカヴァーも多い。きっと楽曲にソフトな中にもけっこうR&B感覚があるからでしょうね。オリジナルの演奏でも『獄中の手紙』などはかなりベースが跳ねてます。

そうした代表はAl Greenの『傷心の日々』。これは名唱です。Alがエッチな声でねっとり歌います(笑)

白人だけどRod StewartのTo Love Sombodyのカヴァーも素晴らしいよ。Atlantic Crossing録音時にオクラ入りして後年Boxで日の目を見たもので、バックはMG's!Al Jackson生前最後のドラムプレイです。

では明日から沖縄に行ってきます。
Commented by suzu-perry at 2009-11-18 20:04
★こばさん

小さな恋のメロディー♪

私もこの曲が最初でした!
名曲ですよね~

しかし黒人ミュージシャンにそんなにカバーされていたとは知りませんでしたよ~♪

ロッドもなんだぁ(=^▽^=)

明日から沖縄ですか!いいなぁ。
お気をつけてo(^▽^)o
Commented by Bee g at 2009-11-18 21:25 x
沖縄、個人で遊びに行くなら嬉しいんだけどさ・・・。

さっき昔のBee Geesを聴きなおしちゃった。再発見したよ。
すごくいい。

訳詞をちょっと直させて。

And it's me you need to show how deep is your love
という最後の行の解釈は「君の僕に対する愛の深さに僕の方から応えなきゃいけない」ってニュアンスに取った?

これはIt is ~ that...の強調構文だから、『君の愛がどんなに深いか示さなきゃいけない相手は(他でもない)僕なんだよ』ってことだと思います。

How deep is your loveというリフレインも
『とても深い貴女の愛』ではなく『君はどのくらい僕が好きなの?』っていうストレートな問いかけでしょう。

男が愛されていることに自信を持って感謝してるのではなくて、
彼女の気持ちにちょっと確信がなくて、『ちゃんと愛してるって示してよ!』って懇願してるけっこうだらしない歌詞では? 

BeeGeesは兄弟の誰が歌詞を書いてるんだろうね?最もナイーブそうなのはRobinに見えるけど。
Commented by suzu-perry at 2009-11-18 23:14
★こばさん
昔聴いたのと、今聴くのでは印象違いますよね。

私も昔はこの曲ただのきれいな曲だと思っていたのですが、すごく相手に出会えてうれしいって聴こえてきます。
ストレートなんだけど、いいですよね。

歌詞直していただいてありがとうございます!!
歌って聴き手の今の心のコンディションで好きに解釈していいと思います。
あ、こばさんは先生だけあって、勝手にではなく、ちゃんと解釈してますよねーー!

こばさんのコメントを見て、思ったのですが、男性って女性ほどストレートに愛情表現できないので、そんな女性を羨ましいと思っているのかな?なんて思いました。
ちょっと男の未練がましいイメージ出てますよね!

本当に歌詞って誰が書いているのでしょうね。
Robinなんでしょうか。
by suzu-perry | 2009-11-17 23:45 | 今日の一曲 | Comments(4)