suzu diary suzudiary.exblog.jp

アコースティック・ライブ・バー「NINE LIVES」(東京都墨田区向島2-9-7 03-3621-0747)のsuzuです!日常のことを徒然に。お店、音楽、お酒に食べ物のことや、suzuに影響を与えたもの、suzuの気持ちとかの記録です。


by suzu-perry
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

相次ぐ訃報

10月9日に南田洋子さんのことをプログで書いたばかりだったのに…。
今日、亡くなったそうです。
朝家を出る時には倒れたというニュースだったのに、なんとか回復して欲しかったです。

ウチの両親は南田さんより1つ上です。
そんなことから、両親のことも心配になったりします。

できるだけ長生きしてほしいです。

この前の日曜日にこばさんから加藤和彦さんが亡くなったことも聞いてびっくりしました。
まだ62歳だったそうです。

私たちの世代は「ザ・フォーク・クルセダーズ」で、「帰って来たヨッパライ」はやっぱり誰もが知っている1曲でした。

最近も木村カエラを迎えて「サディスティック・ミカ・バンド」を再結成したりしていたのに。

サディスティック・ミカ・バンドの福井ミカさんと結婚していたのですね。

こばさんおすすめの色っぽいANZAをfeaturingした「VITAMIN-Q」の『スゥキスキスゥ』もアップしておきましょう!


ニュースを見るとうつ病で仕事(音楽)で行き詰まっていたとありました。
才能ある人もいいものを出し続けるというのは難しいものなんだろうなあ…と感じた。

ご冥福をお祈りします。
Commented by こば at 2009-10-22 07:59 x
今日は年に一度の定期検診でこれから病院です。よって昨夜は年に一度だけの休肝日(笑)

加藤氏は大好きな音楽家でした。なんでもできちゃう天才でした。音楽的にはいつも前向きな方だったけれど、こんな時代に自分の思いが周りの音楽と乖離していくことに悩んでおられたのかもしれないですね。

彼の盟友、北山修氏は九州大学で臨床精神科医をやっておられます。盟友の自殺に北山氏の心情を思うと胸が傷みます。

金曜の夜にyou-tubeで加藤氏のいろいろな映像を見ました。数年前のNHKホールでのフォークル再結成の素晴らしいステージが涙を誘いました。ナンセンスな歌の発想の素晴らしさにも改めて感服でしたし、今の時代だからこそ2つの朝鮮を歌った『イムジン河』や、『戦争は知らない』『大統領殿』などの反戦歌を真正面から歌う氏の真摯さに心が震えました。

また去年過去の英国ロックへのオマージュともいえるVitamin-QというバンドでCDに出しています。氏の他に、土屋昌巳、屋敷豪太、小原礼という凄いメンツです。Anzaちゃんというセクシーな女の子をフロントに据えたオジサン好みのPV『スゥキスキスゥ』ってのがYouTubeにあります。もろSpector Soundの傑作です。
Commented by suzu-perry at 2009-10-22 12:48
★こばさん
私はあんまり知らなかったのですが、フォークルは日本のビートルズとして多大な影響を与えていたのですね。
この後にかぐや姫なんかも出てきたとか。

彼の遺書が見つかって話題になってますね。

「世の中が音楽を必要としなくなり、創作意欲もなくなり、死にたいというより消えてしまいたい」というような内容だったようでした。

確かに音楽だけでなくウェブの普及で多様化し、みんなが知っているものというのが少なくなった
昔はベストテンとか楽しみだったけど、いまは気になったyoutubeで何度でも見れるから飽きるのもはやい。

押上では絶対音楽は必要なんですが…

追悼にCDでも買いますか
Commented by こば at 2009-10-22 13:37 x
俺の世代はミカバンドを野音のコンサートとかでよく見てるんだ。彼らはRoxy Musicの前座で英国進出をしたわけだけど、苦手なRoxyよりずっとミカバンドの方がカッコいいと思ってた。おかちんはカエラ入り再結成も見たはず。ちなみにカエラはうちの会社出身らしい。

加藤氏はミカバンドを解散した翌76年、zuzu(安井かずみ)さんと一緒になってMuscle Shoalsで録音した『それから先のことは』という名盤があります。日本人の海外録音の先鞭をつけたアルバムです。その後バハマやらマイアミやらベルリンやらパリやらヴェネチアやらと録音地も音楽に合わせて変わっていって、80年代には耽美的なヨーロッパ3部作をものにするわけです。最初にLAやNYでなくAlabamaはMuscle Shoalsを選ぶ目の確かさ。Muscleのリズム隊もPaul SimonやRod Stewartのアルバムに匹敵する演奏で支えています。素晴らしいマッチングです。今度コピーを差し上げます。

とにかくフォークルの再結成ライブ(もちろん『スゥキスキスゥ』も 笑)は必見です。ぜひyoutubeでご覧ください。
Commented by suzu-perry at 2009-10-22 23:44
★こばさん
色っぽいPVですね。記事の方にアップしておきました(笑)

うちの同僚(といっても55歳ですが)はまさしく、この加藤さんがノリにのっていた頃の世代で、彼は「加藤さんの死は僕らにとってはある種の裏切りだよ」と言っていました。
こばさんが言ったように「反戦歌を真正面から歌う氏の真摯さに心が震えました」中のひとりだったのですね。

ミカバンドも気になりますね。

今日は私の追悼ナイトにします。

しかし、私のブログ記事よりもこばさんのおかげでコメントで内容が充実しましたね(いつもながら、ありがとうございます)
Commented by さいのめ at 2009-10-26 03:45 x
ぼく自身の音楽観というのはビートルズが40%、加藤和彦が40%、ニューウェイブが10%、アイドル歌謡曲が10%で構成されています。だから、そんな加藤和彦がああした遺書を残して自殺してしまったことに、言いしれぬ悲しみを覚えました。
Commented by suzu-perry at 2009-10-26 22:18
★さいのめさん
お、ご無沙汰しております!
やっぱりさいのめさんも加藤和彦さんがお好きなんですね。
しかし、アイドルが10%って(笑)

でも、大好きだった人が亡くなる…しかも自殺というのは悲しいですよね。
Commented by さいのめ at 2009-10-26 22:54 x
うん、好きだねえ。でも、ずうっと変人扱いされていたのも確かだよなあ。アイドルって、いいじゃん。実は加藤和彦作曲だったり、細野晴臣だったり、大瀧詠一だったりするところがね。それを一回性のなかで歌っていく。でも、ぼくなんかも最後は鬱で自殺かなあと考え込んでみたり。
Commented by suzu-perry at 2009-10-26 23:13
★さいのめさん
天才と変人は紙一重ですからね。
アイドルかあ…日本ではいまのりピーが懲役1年6ヶ月とかですごいことになってますが…。

さいのめさんは大丈夫だと思うよ。
ウツになるタイプじゃない!
縁起でもないこと言わないの!
Commented by さいのめ at 2009-10-27 14:26 x
アイドルって、賞味期限があると思うのだよ。のりピーは延命しすぎたようにも思う。鬱もよくわからないぜ。ぼくは好きなことをただ好きなようにやりたいだけなんだけど、なんんだか妙な奴らが絡んできて、くたびれるよ。
Commented by suzu-perry at 2009-10-27 16:46
★さいのめさん
賞味期限かぁ…
引き際って大事ですよね

絡んでくる人っていますよね
大抵は暇人か誰かを悪人に仕立て上げないと生きていけないタイプですよね
さいのめさんはさいのめさんらしくいてくださいまし(=^▽^=)
by suzu-perry | 2009-10-21 23:20 | ひとりごと | Comments(10)